クルマ・バイク

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

投稿日:

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …

-クルマ・バイク

関連記事

週刊ゴム株ランキング NOK続伸、業績好調が好感(4/16~20)

週刊ゴム株ランキング NOK続伸、業績好調が好感(4/16~20)

4月16~20日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で13社が上昇、2社が横ばい、16社が下落した。4月20日のゴム平均は、前週末比1円94銭安の1782円48銭と反落した。 株価上昇率ランキングでは、1位が東海カーボンで同5・98%高、2位がバンドー化学の同4・11%高、3位 …  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング NOK続伸、業績好調が好…http://www.gomutimes.co.jp/?p=128361 4月16~20日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で13社が上昇、2社が横ばい、16社が下落した。4月20日のゴム平均は、前週末比1円94銭安の1782円48銭と反落した。  株価上昇率ランキングでは、1位が東海カーボンで同5・98%高、2位がバンドー化学の同4・11%高、3位が…

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

先ごとのバイクの日(8月19日)前後には、新型モンキーの納車を喜ぶ様子がSNSでも多数投稿され、価格.COMではバイク人気ランキングで2位に急浮上(※23 …  ORICON NEWS 125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 …https://www.oricon.co.jp/special/51668/1967年に登場し50年間愛されてきたホンダの「モンキー」は、2017年夏に惜しまれつつも生産を終了。そして、この夏に、125ccの小型バイクとして復活した。排気量を車体を一身し、やや大ぶりに生まれ変わったが、そのデザインやモンキー魂はしっかりと継承され、ファンの間からは喜びの声が上がっている。先ごとのバイクの…

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均構成銘柄の上昇率トップは、三菱自動車<7211>で10.1%高、同2位は三越伊勢丹ホールディングス<3099>で7.7%高となった。三菱自動車が前日に発表した18年3月期決算では、営業利益が982億円で前期比19.2倍となり、19年3月期は1100億円で同12.0%増と市場予想並みの水準を見込んでいる。円高で大手 …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2100034最新投稿日時:2018/05/10 12:44 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位」(フィスコ)

日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に懲りない“ホンネ”

日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に懲りない“ホンネ”

日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に懲りない“ホンネ” … 7月5日、日本自動車販売協会連合会などが発表した国内新車販売台数の2018年上半期(軽自動車を除く)ランキングにおいて、『ノート』が首位を獲得。日産にとって … 深刻な人手不足の中、このままでは同じような不正がまた起きる」(クルマ業界関係者)  ニフティニュース 日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に…https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-063264/ここにきて、日産自動車周辺の話題が事欠かない。 7月5日、日本自動車販売協会連合会などが発表した国内新車販売台数の2018年上半期(軽自動車を除く)ランキングにおいて、『ノート』が首位を獲得。日産にと…

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「ノート」(約13.8万台)や3位のトヨタ「アクア」(約13.1万台)などを抑え、2年連続でトップに立った。月販平均台数は約1万3400台で、 …  東洋経済オンライン 「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由 | 販売・…http://toyokeizai.net/articles/-/210427トヨタ自動車「プリウス」。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)の代名詞的存在であり、トヨタの国内販売を支える基幹車種の1つだ。2015年末に登場した現行4代目はカタログ値ながら最高40km/L…