クルマ・バイク

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

投稿日:

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …

-クルマ・バイク

関連記事

【洗車の王国】楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキング1位獲得! (6月17日付) 自社製品 自動車ガラス用 …

【洗車の王国】楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキング1位獲得! (6月17日付) 自社製品 自動車ガラス用 …

自動車ガラス用ケア福袋 [ウィンドウクリスタルほか:SENSHA:WINDOW … 楽天市場ランキング:車用品・バイク用品 > 車用品 > メンテナンス用品 > 汚れ …  宮崎日日新聞 Miyanichi e-press ドリームニュースhttp://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000175902洗車用品ブランド 株式会社洗車の王国(本社神奈川県伊勢原市 代表取締役社長 相原浩)は、自社製品 自動車ガラス用ケア福袋 発売好調 が、2018年6月17日付け、楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキングにて、1位を獲得したことを発表します。 https://item.rakuten.co.jp/sensya/1356005/

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …  ライブドアニュース 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、…http://news.livedoor.com/article/detail/14600304/一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

さらに全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計を含めた、含軽統計では、2017年度での総合販売ナンバーワンがホンダ「N-BOX」になっている。軽自動車を含んだ統計ではもちろん、軽自動車を除いた登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングでも「2017年度にもっとも売れたクルマ」にはなれなかったのである。  東洋経済オンライン 日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/215498日産自動車のコンパクトカー「ノート」が国内新車市場で快走している。日産は4月5日、ノートが「2017年度国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得」という題名のニュースリリースを発信した。リリースによると、20…

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

そのほか、前日から米国政府が自動車の関税引き上げを検討しているとの報道が嫌気されているトヨタ自動車<7203>やスズキ<7269>などといった自動車株の …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180525031925日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり131銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は4日ぶり反発。20.19円高の22457.20円(出来高概算6億9041万株)で前場の取引を終えている。24日の米国市場ではトランプ米大統領による米朝首脳会談の中止表明や米国政府…

最新通信簿!42中核市の「幸福度」ランキング

最新通信簿!42中核市の「幸福度」ランキング

全39指標の総合ランキングでは、2016年版に引き続き豊田市が1位になった。基本指標、仕事分野で1位を獲得しており、やはり自動車産業という強固な産業 …  東洋経済オンライン 最新通信簿!42中核市の「幸福度」ランキング | 住み…https://toyokeizai.net/articles/-/222563全39指標の総合ランキングでは、2016年版に引き続き豊田市が1位になった。基本指標、仕事分野で1位を獲得しており、やはり自動車産業という強固な産業基盤が強みになっている。教育分野も2位であり、…