クルマ・バイク

中国の上場企業、2017年広告費トップ10 首位は日本ランキングなら4位の規模

投稿日:

1901年、GMオールズモビルが上海へ進出、以来1940年代まで“万国汽車(自動車)博覧”と呼ばれるほど上海は自動車産業が盛んだった。その伝統を引き継ぐオール上海の自動車メーカー。1983年、フォルクスワーゲン・サンタナの組立に成功。翌年に合弁会社、上海大衆汽車を設立。97年にはGM合弁の上海通用汽車設立 …

-クルマ・バイク

関連記事

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で挽回。苦しむビニャーレスを擁護

ロッシ、豊富な経験と持ち前の性格で挽回。苦しむビニャーレスを擁護

ロッシは、ヤマハのバイクの持つ問題に対処する上で、自身の性格や豊富な経験が役に立っ … ランキングでもロッシと29ポイント差のランキング5位となっている。  jp.motorsport.com MotoGPニュース|ロッシ、豊富な経験と持ち前の性…https://jp.motorsport.com/motogp/news/rossis-character-helping-him-to-deal-with-yamaha-woes/3158444/ロッシは、ヤマハのバイクの持つ問題に対処する上で、自身の性格や豊富な経験が役に立っていると考えているようだ。

三菱自、インドネシアで生産能力を増強

三菱自、インドネシアで生産能力を増強

また、『エクスパンダー』のエンジン生産を、日産自動車株式会社の現地生産 … また、本年3月と7月には、インドネシアの販売台数ランキングで1位となりました。 … ラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。  jp.acrofan.com 三菱自、インドネシアで生産能力を増強https://jp.acrofan.com/detail.php?number=75519TOKYO, Oct 3, 2018 – (JCN Newswire) – 三菱自動車(以下、MMC)は本日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県。以下、ブカシ工場)の年間生産能力を、ブカシ工場の設備拡張により2020年度までに現状の16万台から22万台(*)に増強す…

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。その結果、ホンダの「N-BOX」が1万5,509台で首位となっ …  財経新聞 8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トッ…https://www.zaikei.co.jp/article/20180906/464388.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象 … 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車の … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  ライブドアニュース 国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10…http://news.livedoor.com/article/detail/14523347/2017年末時点の新車を対象に、国交省が燃費のいい自動車一覧を公表した。軽自動車部門の1〜2位は、スズキ・アルトと同車OEMのマツダ・キャロル。3位はスズキ・アルトラパン、4〜6位はダイハツ・ミラ イースと同車OEM2種

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある