クルマ・バイク

今、小さいクルマが面白い! GQ CAR’S アクセスランキング 2018年8月

投稿日:

8月の『GQ CAR'S アクセスランキング』は“小さなクルマ”が上位を占めた。 ….. 伊ドゥカティの最高峰、スーパーバイクシリーズからブランドイメージを牽引する …

-クルマ・バイク

関連記事

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。それによると、トップは9カ月連続でホンダの「N-BOX」、2位は …  財経新聞 5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続…https://www.zaikei.co.jp/article/20180607/446288.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。

消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比率が高い/低い米国の地域ランキング!

消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比率が高い/低い米国の地域ランキング!

クルマを購入する際に、マニュアル・トランスミッション(MT)とオートマチック・トランスミッション(AT)から選べる場合、スポーツカーを除くと大抵のクルマではMT車 …  Autoblog Japan 消えゆくマニュアル・トランスミッションの販売比…https://jp.autoblog.com/2018/10/16/manual-transmission-best-worst-places-lists/クルマを購入する際に、マニュアル・トランスミッション(MT)とオートマチック・トランスミッション(AT)から選べる場合、スポーツカーを除くと大抵のクルマではMT車が選ばれる確率は極めて低い。自動車メー

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は小幅ながら9日ぶり反落、ファナックと東エレクの …

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は小幅ながら9日ぶり反落、ファナックと東エレクの …

米国の流れを受けて、朝方から金融株はさえない推移となった一方で、値がさ株のほか、自動車株やディフェンシブ株のしっかりとした動きが指数の下支え役 …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180927041127日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり104銘柄、値下がり109銘柄、変わらず12銘柄となった。日経平均は小幅ながら9日ぶり反落。32.07円安の24001.72円(出来高概算6億5000万株)で前場の取引を終えた。26日の米国市場では・・・。

軽自動車販売、N-BOX が4年ぶりの20万台超えで3年連続トップ 2017年度車名別

軽自動車販売、N-BOX が4年ぶりの20万台超えで3年連続トップ 2017年度車名別

3月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。 1位:N-BOX(ホンダ)2万6851台(2.8%増・7か月連続増) 2位:スペーシア(スズキ)1万8711台(24.4%増・17か月連続増) 3位:ムーヴ(ダイハツ)1万7465台(15.8%増・2か月連続増) 4位:デイズ(日産)1万6233台(14.2%減・2か月連続 …  レスポンス(Response.jp) 軽自動車販売、N-BOX が4年ぶりの20万台超えで3年…https://response.jp/article/2018/04/05/308197.html全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表した。