クルマ・バイク

今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレードをチェック!【2018年春版】

投稿日:

また、ランキングの上位10台のうち7台が軽自動車が占め、それらは軒並み前年度を上回る販売台数を記録。一方で、普通車の販売台数は減少傾向にあり、「プリウス」は前年比マイナス33.8%。これらから、次に買うクルマの候補に軽自動車が入ってくる余地はまだまだあることが伺えます。 今回は、ランキングでトップ3に輝い …

-クルマ・バイク

関連記事

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。 2016年8月、「 …  東洋経済オンライン 日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力 | 西村直…http://toyokeizai.net/articles/-/213602今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格とい…

ハミルトン「ランキングトップをキープするには幸運が必要」

ハミルトン「ランキングトップをキープするには幸運が必要」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今後ランキングトップの座を守るのはかなり難しいだろうと認めた。 バクー市街地サーキットで行われたF1アゼルバイジャンGPで幸運な勝利をあげたハミルトンは、それまでランキングトップに位置していたセバスチャン・ベッテル( … クルマには速さがあるけれど、まだそれを解き放てていない。  www.topnews.jp http://www.topnews.jp/2018/05/04/news/f1/170125…http://www.topnews.jp/2018/05/04/news/f1/170125.html

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したと …  ライブドアニュース 7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が…http://news.livedoor.com/article/detail/15214919/2017年に7年ぶりに日本市場へ復活を遂げたホンダの「シビック」。コンパクトカーが売れ筋のホンダ車の中で、新車販売ランキング37位と健闘。一方で電動化への道筋が見えず将来的な不安が残っている、と筆者は述べた

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

先ごとのバイクの日(8月19日)前後には、新型モンキーの納車を喜ぶ様子がSNSでも多数投稿され、価格.COMではバイク人気ランキングで2位に急浮上(※23 …  ORICON NEWS 125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 …https://www.oricon.co.jp/special/51668/1967年に登場し50年間愛されてきたホンダの「モンキー」は、2017年夏に惜しまれつつも生産を終了。そして、この夏に、125ccの小型バイクとして復活した。排気量を車体を一身し、やや大ぶりに生まれ変わったが、そのデザインやモンキー魂はしっかりと継承され、ファンの間からは喜びの声が上がっている。先ごとのバイクの…

新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2018年7月に売れた日本車」

新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2018年7月に売れた日本車」

登録車においては、新型クラウンや新型カローラ・スポーツを発売したトヨタ自動車が … 月間の乗用車の車名別ランキングでは、“軽高登低” の傾向が続いている。  日本最大級のクルマ総合情報… 新クラウンとカローラ、発売1カ月の受注数は? 「2…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180808-10332621-carview/Q:トヨタの新コネクティッドカー、新型クラウンとカローラ・スポーツ。発売1カ月の受注台数は?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:新型クラウンが約3万台、カローラ・スポーツが約9200台。クラウンは月販目標4500台の約6.7倍、カローラ・スポ