クルマ・バイク

企業口コミサイトキャリコネ「自動車・輸送用機器業界の働きやすい企業ランキング」を発表

投稿日:

自動車バイク、除雪機・耕うん機といったパワープロダクツの開発や製造、販売を行う本田技研工業(Honda)。自転車用の補助エンジン製造から歴史が始まり、 …

 www.jiji.com 
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000034.000...
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000034.000018764&g=prt

-クルマ・バイク

関連記事

セルジオ・ペレス 「チームのランキング7位を守れてよかった」

セルジオ・ペレス 「チームのランキング7位を守れてよかった」

クルマに満足できていなかったし、期待していたようなペースもなかった。バランスの問題は解決されないままだったし、クルマのどこかにダメージがあった可能性 …  f1-gate.com セルジオ・ペレス 「チームのランキング7位を守れ…https://f1-gate.com/perez/f1_46265.htmlフォースインディアのセルジオ・ペレスは、F1アブダビGPの決勝レースを8位で終えた。今シーズン、セルジオ・ペレスはアゼルバイジャンGPでの3…

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

今回のランキングでは、トップ10のうち8車種が2017年に発売されたモデル。 昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーモデルの台頭、また多数の従来モデルの生産終了などバイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも様変わり。全般的に上記のような変化を反映した結果となったのが特徴だ。  motor-fan.jp 「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・…https://motor-fan.jp/article/10003744バイクの買い取りでおなじみ「バイク王」が展開する「バイクライフ研究所」が、『売却した際に高値の付くバイク=リセール・プライスの高いバイク』の上位10車種を発表。「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得した。(REPORT:北秀昭)

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

国土交通省が20日発表した2017年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が3年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40・8キロだった。 ランキングは17年末時点で新車として販売されていた乗用車が対象。普通・小型車の2位はトヨタのHV「 …  IWATE NIPPO プリウス3年連続で燃費首位https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2018/3/20/15495全国のニュース

自動車保険の免責とは? 意味と保険適用時の注意点

自動車保険の免責とは? 意味と保険適用時の注意点

自動車保険に加入する際、「免責」という用語を目にしたことはないだろうか。この用語 … 【自動車保険ランキング】「保険料」で利用者満足度が高いのは? TOP10を …  カナロコ|神奈川新聞ニュース 自動車保険の免責とは? 意味と保険適用時の注意点http://www.kanaloco.jp/article/342491 自動車保険に加入する際、「免責」という用語を目にしたことはないだろうか。この用語の意味を知るだけでなく、事故発生時に免責によってドライバーがどのような影響を受けるのか事前に確認しておこう。

自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増

自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増

2017年度の上場企業決算は、トヨタ自動車の純利益が約2.5兆円と日本企業として過去最高を記録し話題を集めた。自動車業種を対象にした純利益のランキング …  日本経済新聞 電子版 自動車各社の純利益、全社1000億円以上https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3095332025052018DTA000/ 2017年度の上場企業決算は、トヨタ自動車の純利益が約2.5兆円と日本企業として過去最高を記録し話題を集めた。自動車業種を対象にした純利益のランキングでは、海外市場で販売台数を伸ばした乗用車メーカー