クルマ・バイク

佐藤琢磨は5位 自動車インディカー第7戦

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

米自動車初期品質調査 韓国ブランド上位3位独占 トヨタは17位に

米自動車初期品質調査 韓国ブランド上位3位独占 トヨタは17位に

米調査会社JDパワーが20日発表した2018年の米自動車初期品質調査で、 … ランキング1位は現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」で、不具合の指摘 …  SankeiBiz(サンケイビズ) 米自動車初期品質調査 韓国ブランド上位3位独占…https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180622/mcb1806220500020-n1.htm米調査会社JDパワーが20日発表した2018年の米自動車初期品質調査で、韓国メーカーブランドが、ドイツのポルシェを抑えて上位3位を独占した。ランキング1位は現代…

新車登録ランキング、ノート が2か月連続トップ 2月

新車登録ランキング、ノート が2か月連続トップ 2月

日本自動車販売協会連合会は3月6日、2月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。前年同月比8.3%減ながら1万3769台を販売した日産『ノート』が2か月連続でトップとなった。 ノートは新ドライブトレイン「e-POWER」が好評で、昨年は9月まで4回の月間販売首位を獲得。しかし日産の検査不正問題による出荷停止の …  レスポンス(Response.jp) 新車登録ランキング、ノート が2か月連続トップ 2…https://response.jp/article/2018/03/06/306853.html日本自動車販売協会連合会は3月6日、2月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。前年同月比8.3%減ながら1万3769台を販売した日産『ノート』が2か月連続でトップとなった。

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

たとえば、日本の自動車販売台数ランキングで上位を占めているのはいずれも日本メーカーの車であり、この点は中国とは大違いだと指摘。中国の自動車市場では販売台数ランキングの上位に海外メーカーの名前がずらっと並んでいるのが現状で、国産車である中国車は「メンツが立たない」とみなされる傾向があることと真逆で …  ニフティニュース 日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してし…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180311_00023/ 自家用車の普及が進む中国では、多くの消費者が「どのような車に乗っているか」という点を気にする。これは自動車が乗る人の社会的地位やステータスを示すツールとしての側面があるためであり、多くの中国人消費者…

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  BIGLOBEニュース 【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 ト…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/dre_180618_8281945791.html株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用され…(2018年06月18日 11時30分00秒)

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。就職支援大手 … 若者のクルマ離れ」が深刻化する中で、自動車メーカーは、ベスト10入りを果たしたトヨタの次は45位のホンダで、前年の46位からわずか1ランクのアップではなんとも情けない。 トヨタ『86』、 …  レスポンス(Response.jp) 当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位…https://response.jp/article/2018/04/17/308613.html2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。最も就職したい企業は前年4位の日本航空がトップ、2位は前年7位の総合商社の伊藤忠商事で、3位は前年同様の全日本空輸