クルマ・バイク

信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学生は外資系志向

就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学生は外資系志向

国内学生が選んだ就職希望企業の総合ランキングは、1位「日本航空(JAL)」2,185ポイント、2位「伊藤忠商事」2,153ポイント、3位「全日本空輸(ANA)」2,123ポイント、4位「三菱東京UFJ銀行」2,073ポイント、5位「トヨタ自動車」1,870ポイント。日本航空(JAL)は前回調査(2018年卒)の4位から3ランクアップして首位に立った。  リセマム 就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学…https://resemom.jp/article/2018/04/17/44111.html ディスコは2018年4月16日、2019年卒業予定の学生を対象に調査した「国内学生・海外留学生の就職希望企業ランキング」を発表した。国内学生は航空や総合商社、留学生は外資系企業に人気が集まった。

中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ 5月12-13日

中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ 5月12-13日

日本メーカーからも研究員を招聘して、世界トップクラスの技術力と開発力を培い、世界タイヤメーカーランキングのトップテン入りするなど成長を続けている。 … 同店の開業9年を記念した「9周年祭」に連動したイベントで、イオンモール土浦内にある、クルマの購入や買取、車検・整備、自動車保険など、クルマのことなら何でも …  レスポンス(Response.jp) 中国発「GOODRIDE」タイヤを体感…クルマフェスタ …https://response.jp/article/2018/05/07/309389.html読者のみなさんは「GOODRIDE(グッドライド)」というタイヤをご存知だろうか? 日本ではまだまだ馴染みは無いが、普通車をはじめ高級セダンからトラック、重機や農耕機に至るまで、様々なタイヤを販売する中国No.1の「ZCゴム」という会社のブランドタイヤだ。

新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位ならず 2017年度車名別

新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位ならず 2017年度車名別

日本自動車販売協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。 ○セレナ、アクアを抑えて1年5か月ぶりのトップ3入り 3月 3月は、前年同月比20.6%減ながら1万9356台を販売した日産『ノート』が3か月連続でトップとなった。 ノートは新 …  レスポンス(Response.jp) 新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位…https://response.jp/article/2018/04/05/308196.html日本自動車販売協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。

自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増

自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増

2017年度の上場企業決算は、トヨタ自動車の純利益が約2.5兆円と日本企業として過去最高を記録し話題を集めた。自動車業種を対象にした純利益のランキング …  日本経済新聞 電子版 自動車各社の純利益、全社1000億円以上https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3095332025052018DTA000/ 2017年度の上場企業決算は、トヨタ自動車の純利益が約2.5兆円と日本企業として過去最高を記録し話題を集めた。自動車業種を対象にした純利益のランキングでは、海外市場で販売台数を伸ばした乗用車メーカー

ニッチすぎだろ!と思う博物館ランキング

ニッチすぎだろ!と思う博物館ランキング

3位 目黒寄生虫館⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「ブレーキ … こちらは自動車関連、産業機械のブレーキのリビルドや加工販売を行っている中山ライニング工業株式会社が運営しています。 … 調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。  ライブドアニュース 自動車のブレーキや寄生虫?ニッチすぎると思う博…http://news.livedoor.com/article/detail/14617794/日本全国には歴史的資料や美術品、記念物などが展示されている博物館が多数存在します。科学博物館や鉄道博物館をはじめ、いろいろな博物館がある中、「何でそれ?」と思ってしまうようなニッチな博物館も存在するよ