クルマ・バイク

個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開

投稿日:

個人間カーシェア「Anyca」、エリア別受取金額/人気車種ランキングを公開 … 若年層がクルマを買いたくない理由として、「駐車場代など今まで以上にお金が … ※1 参考:「2015年度乗用車市場動向調査」(一般社団法人 日本自動車工業会)2016年4 …

-クルマ・バイク

関連記事

ランドクルーザーやクラウン 名前を使い続けているロングセラー国産車

ランドクルーザーやクラウン 名前を使い続けているロングセラー国産車

同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング … 日本の自動車産業が軌道に乗り、世界に認められるのは第二次世界大戦が終わって10年ほど経ったときからである。 … 日本でもっとも長い歴史を誇るクルマがトヨタ・ランドクルーザーだ。  ライブドアニュース ランドクルーザーやクラウン 名前を使い続けている…http://news.livedoor.com/article/detail/15374274/トヨタは、第二次世界大戦後に送り出した車に強い思い入れがあるという。日本で最も長い歴史をもつランドクルーザーや、1955年誕生のクラウンなど。愛着を持つユーザーやエンジニアも多く、代を重ねて売り続けているのだろう

自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ・ホンダ・マツダ

自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ・ホンダ・マツダ

パテント・リザルトは11月12日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー特許資産 …  レスポンス(Response.jp) 自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3は…https://response.jp/article/2018/11/12/316071.htmlパテント・リザルトは11月12日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー特許資産規模ランキング」を発表した。

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

そのほか、前日から米国政府が自動車の関税引き上げを検討しているとの報道が嫌気されているトヨタ自動車<7203>やスズキ<7269>などといった自動車株の …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180525031925日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり131銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は4日ぶり反発。20.19円高の22457.20円(出来高概算6億9041万株)で前場の取引を終えている。24日の米国市場ではトランプ米大統領による米朝首脳会談の中止表明や米国政府…

中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか

中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか

今年(2018年)上半期(1~6月)における中国の自動車販売台数は、前年同期比5.6%増の1406.6万台となりました。このうち乗用車は同4.6%増の1177.5万台、 …  JBpress(日本ビジネスプレス) 中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか …http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53784中国自動車市場は順調な市場拡大が続いています。今回は中国の自動車市場にまつわるさまざまなデータを集め、筆者個人の視点も入れつつ多角的な分析を行っていきたいと思います。

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …  ライブドアニュース 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、…http://news.livedoor.com/article/detail/14600304/一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続