クルマ・バイク

外国メーカー車モデル別ランキング、MINIが3年連続トップ 2018年

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は?

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は?

クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカーと車種は? … 自動車に詳しいジャーナリストの福田俊之氏は、高評価の理由が「エンジン」にあると解説する。  www.news-postseven.com クルマの安全性能ランキング 上位入りのメーカー…https://www.news-postseven.com/archives/20181005_772981.html ドライバーの高齢化に伴い、車が持つ「安全性能」がますます重大な関心事となっているが、一般ユーザーが各車の安全性能の違いを比較することは難しい。 しかし、その手がかりとなるデータがある。国土交通省…

トヨタ「15代目クラウン」に滲み出る深謀遠慮

トヨタ「15代目クラウン」に滲み出る深謀遠慮

日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で、クラウンは発売翌月の2018年7月に10 …  東洋経済オンライン トヨタ「15代目クラウン」に滲み出る深謀遠慮 | 高級車https://toyokeizai.net/articles/-/244624――この夏、15代目に生まれ変わった新型クラウンは従来あったフォーマルな「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」という2つのタイプをなくして1本化しました。山本 シンヤ(以下、山本):今までのクラウンは…

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

いまのところ自販連の通称名別販売台数ランキングや、全軽自協(全国軽自動車協会 … ディーラー名義などでの自社登録(軽自動車は届け出)を行ったり、カーシ … としてカウントしたクルマは、早くて半年ぐらいと短期間で中古車や登録(軽自動車は …  WEB CARTOP 発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字…https://www.webcartop.jp/2018/10/279812自動車は新型車のほうがよく売れる傾向にある。より新しい装備や技術などが採用され、商品力が高いためだ。だが、発売から7年となるトヨタ・アクアはいまだに販売台数で首位争いをし、ライバルの日産ノートe-POWERに迫っている。だがその数字を鵜呑みにはできないという。

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、有利なのはミニバン

ディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は2018年4月9日、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。 若年層がクルマを買いたくない理由として、日本自動車工業会の調査では、駐車場代など今まで以上にお金がかかることなど、維持費の高いことが挙げられ …  MONOist 個人間カーシェアで維持費を最大98%まかなえた、…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1805/07/news011.htmlディー・エヌ・エー(DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、2017年度に利用された車種の維持費軽減率ランキングを公開した。

プリウスが「PHV」ルックにならなかった理由

プリウスが「PHV」ルックにならなかった理由

たしかに日本自動車販売協会連合会が発表する、軽自動車を除く新車乗用車の車種別販売台数ランキングによると、今年1月から11月までトップに立ったのは …  東洋経済オンライン プリウスが「PHV」ルックにならなかった理由 | 森口…https://toyokeizai.net/articles/-/2573832015年12月のデビュー当時からデザインについて賛否両論が巻き起こっていたトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジを受けた。日本車のマイナーチェンジは2年に1度という…