クルマ・バイク

就活生の企業人気ランキング—理系総合トヨタ9位、ホンダ33位に後退[新聞ウォッチ]

投稿日:

もっとも、理系男女別のベスト50をみると、理系男子では、トヨタが2位、ホンダが12位、デンソ―13位、アイシンが38位、日産が48位だが、理系女子に自動車関連は1社も入っていない。「若者のクルマ離れ」といわれて久しいが、就職人気ランキングを見る限りでは、今の学生たちは「離れる」どころか、「近寄りがたい」というのが …

-クルマ・バイク

関連記事

コンパクトSUV “最新売れ筋” & “オススメの一台” ランキング

コンパクトSUV “最新売れ筋” & “オススメの一台” ランキング

オススメの一台を選んでくれたのは自動車ジャーナリストの岡本幸一郎氏だ。 … このクルマは賛否両論だが、好きな人に大好きになってもらえればよいという …  日本最大級のクルマ総合情報… コンパクトSUV “最新売れ筋” & “オススメの一…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180927-10345655-carview/ 今年に入ってレクサスUXや新型RAV4が発表(日本仕様発売はUXが今年11月、RAV4が2019年春)、新型フォレスターがついに発売、“元祖”CR-Vが復活…などなど、書いてるだけでお腹いっぱいになるくらい、SUVの勢いはさらに加速している。 そんななか今回

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。 2016年8月、「 …  東洋経済オンライン 日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力 | 西村直…http://toyokeizai.net/articles/-/213602今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格とい…

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。それによると、トップは9カ月連続でホンダの「N-BOX」、2位は …  財経新聞 5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続…https://www.zaikei.co.jp/article/20180607/446288.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

国土交通省が20日発表した2017年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が3年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40・8キロだった。 ランキングは17年末時点で新車として販売されていた乗用車が対象。普通・小型車の2位はトヨタのHV「 …  IWATE NIPPO プリウス3年連続で燃費首位https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2018/3/20/15495全国のニュース

新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデルの販売が好調の理由とは

新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデルの販売が好調の理由とは

クルマのような商品は、発売時期が新しいほど魅力を高めます。 … ところがクルマの販売ランキングを見ると、発売から長い時間を経過した車種が、上位に … このほか軽自動車では、ダイハツ「タント」(発売は2013年)、日産「デイズ」(2013年)、 … バイク. (2018年1月12日). 「ジムってほんとに必要?」AYAさんのダイエット法 …  くるまのニュース 新型車は魅力ない? 人気車はマンネリ化、古いモデ…https://kuruma-news.jp/post/103642クルマは新型車ほど魅力を高めます。技術やデザインは常に進化を続けますから、新しいほど良くなるのは当然です。ところが近年の販売ランキングを見ると、発売から6年以上を経過した車種などが上位に位置することが多いです。なぜなのでしょう。