クルマ・バイク

市販車最速を決める世界スーパーバイク選手権がいよいよ開幕。王者カワサキの連覇阻止へ、ホンダ …

投稿日:

市販車最速を決める世界スーパーバイク選手権がいよいよ開幕。 …. は当時BMWを駆ったマルコ・メランドリが6勝しマニュファクチャラーランキングで2位を獲得。

-クルマ・バイク

関連記事

「住みよさランキング」富裕度トップ30都市

「住みよさランキング」富裕度トップ30都市

東洋経済新報社が全国の814都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。6月20日に配信した総合評価トップ50都市には多くの反響が寄せられた。  東洋経済オンライン 「住みよさランキング」富裕度トップ30都市 | 住みよ…https://toyokeizai.net/articles/-/226155東洋経済新報社が全国の814都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。6月20日に配信した総合評価トップ50都市には多くの反響が寄せられた。今回は、「富裕度」「利便度」「安心度」「快適度」「住居水…

子どもに働いてほしい企業、2位にトヨタ自動車…就活生保護者アンケート

子どもに働いてほしい企業、2位にトヨタ自動車…就活生保護者アンケート

就活生の保護者が子どもに働いてほしい企業は、1位「公務員」、2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」であることが、マイナビの調査により明らかになった。子どもに働い …  レスポンス(Response.jp) 子どもに働いてほしい企業、2位にトヨタ自動車…就…https://response.jp/article/2018/12/18/317318.html 就活生の保護者が子どもに働いてほしい企業は、1位「公務員」、2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」であることが、マイナビの調査により明らかになった。子どもに働いてほしい業界は、1位「官公庁・公社・団体」、2位「医療・調剤薬局」、3位「総合商社」であった。

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るのはいずれも日本車であり、外国車の姿は見受けられないと紹介。「日本人が日本車を愛することについて、多くの人は日本人の愛国心によるものと認識している。しかし、実際それは大した理由ではない。自動車自体が持つ強みによるものなのだ」とし、 …  ニフティニュース 日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なん…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180426_00007/ 中国メディア・今日頭条は23日、「日本人はどうして日本車が好きなのか、愛国主義は大した理由ではなかった」とする記事を掲載した。 記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るの…

Yahoo! JAPAN検索ランキング クルマ部門の上位3台を発表。あの新型セダンや本格軽4駆がランクイン

Yahoo! JAPAN検索ランキング クルマ部門の上位3台を発表。あの新型セダンや本格軽4駆がランクイン

8月2日、Yahoo! JAPANから昨年と比べ検索数が急上昇したワードを表彰する「Yahoo!検索大賞2018」の中間結果が発表され、クルマ部門では「クラウン」、「 …  日本最大級のクルマ総合情報… Yahoo! JAPAN検索ランキング クルマ部門の上位3台…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180807-10332345-carview/8月2日、Yahoo! JAPANから昨年と比べ検索数が急上昇したワードを表彰する「Yahoo!検索大賞2018」の中間結果が発表され、クルマ部門では「クラウン」、「クロスビー」、「ジムニー」が上位にランクインした。Yahoo! JAPANでは毎年12月に、1

販売好調のトヨタ「アクア」が抱える問題 全面改良の噂もなし

販売好調のトヨタ「アクア」が抱える問題 全面改良の噂もなし

トヨタ自動車 · アクア · クルマ … トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、微妙な立ち位置にいる。 … ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で、日産自動車「ノート」(約10万8800台、月平均約1万2090 … 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信!  ライブドアニュース 販売好調のトヨタ「アクア」が抱える問題 全面改良…http://news.livedoor.com/article/detail/15419277/トヨタ「アクア」は、新車販売ランキングで4〜7月は単独トップに立った。一方で、「アクア」を凌ぐ新型車を出せていないトヨタは悩ましいと筆者。全面改良する噂も出ておらず、客が他メーカーに流れる可能性もあるという