クルマ・バイク

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

投稿日:

2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。就職支援大手 … 若者のクルマ離れ」が深刻化する中で、自動車メーカーは、ベスト10入りを果たしたトヨタの次は45位のホンダで、前年の46位からわずか1ランクのアップではなんとも情けない。 トヨタ『86』、 …

-クルマ・バイク

関連記事

韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?

韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?

このランキングが自動車業界にとって重要なのは、米国の消費者が新車購入を決める際に指針になることが多いからだ。調査によると、新車の品質(所有してから …  WSJ Japan 韓国勢が新車品質調査で上位独占、その理由とは?http://jp.wsj.com/articles/SB10619724222342013566304584298980993715224調査会社JDパワーが20日公表した2017年の米自動車初期品質調査(IQS)では、韓国メーカーのブランドが上位を独占した。

自動車保険で自転車事故もカバーできる? 2つの特約を解説

自動車保険で自転車事故もカバーできる? 2つの特約を解説

自転車に乗っていて事故を起こし、人にケガをさせたり自分がケガを負ってしまうケースがある。そのような事故への備えとして加入できる自動車保険の特約が2 …  カナロコ|神奈川新聞ニュース 自動車保険で自転車事故もカバーできる? 2つの特…http://www.kanaloco.jp/article/338085 自転車に乗っていて事故を起こし、人にケガをさせたり自分がケガを負ってしまうケースがある。そのような事故への備えとして加入できる自動車保険の特約が2種類存在する。それぞれの違いや特長を紹介する。

カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』の98% エニカ調べ

カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』の98% エニカ調べ

人気車種ランキング1位となったBMW『3シリーズ』の月間平均受取料金は1万8002円、2位のポルシェ『カイエン』は3万9905円、3位のトヨタ『アルファード』は3万2615円。人気車種ランキング上位には海外メーカーのクルマや高級車が並んだが、アルファードやエルグランドなどのミニバンも上位にランクイン。上位10位までの …  レスポンス(Response.jp) カーシェア活用による維持費軽減、最大は『ノア』…https://response.jp/article/2018/04/09/308318.htmlDeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は4月9日、2017年度にシェアされた車種ごとの維持費軽減率ランキングを公開した。

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。 … 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。 … 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。  日刊ゲンダイDIGITAL 販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228769 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れて…

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある