クルマ・バイク

意外とあるぞ! 200万円以下で買える人気の新車「おすすめのクルマ5選」

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険で補償はされるのか

1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険で補償はされるのか

たとえば、大手損保会社の商品を見てみると、盗難の場合は「二輪・原付自動車の場合、補償されません」と注意書きが付いているものがほとんど。一部の通販型保険商品では、「盗難時の臨時費用特約」として5万円の保険金が支給される場合もあるが、盗難の場合、自動車保険のような手厚い補償は見込めないことが多い …  CS RANKING 1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険…https://life.oricon.co.jp/rank_bike/news/2108000/バイク保険で盗難は補償されない? 警察庁によると、2016年の「オートバイ盗難」の発生件数は2万4304件。被害件数は年々減少しているというが、それでも1日平均60台以上ものオートバイが盗難されているということになる。もし被害に遭った場合、加…

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

国内外において、いすゞ自動車製の中古商用車の買取・流通・輸出で協働することになる。海外では、タイ … ただし、同子会社の台数には二輪車が入っておらず、トップの企業のシェアにはバイクが含まれている。 … 2017年調査のオリコン日本顧客満足度ランキングにおいて、クルマ買取会社部門で4年連続の第1位を獲得した。  kabutan.jp アップル Research Memo(2):グループ企業連携と…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806130540■会社及び事業概要1. 会社概要アップルインターナショナル<2788>は1996年に、中古車輸出のパイオニアとして東南アジア諸国への中古車輸出事業を開始した。その後、中古車買取・販売事業に加えて、オートオークション事業を行うなど自動車流通市場の一翼を担うに至った・・・。

“オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アルファード&ヴェルファイアがなぜこんなに売れるのか?

“オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アルファード&ヴェルファイアがなぜこんなに売れるのか?

また、自販連(日本自動車販売協会連合会)の新車販売ランキング(軽自動車、輸入車を除く)では、昨年、ヴェルファイアは約4万7千台で22位、アルファードは約4万2千台で25位。兄弟の販売 … ド迫力な顔と巨体で近づくだけでも怖い、この威圧的なクルマが日本で好まれている理由はいったいどこにあるのか。前出の竹内 …  ニコニコニュース “オラオラ度”増量! 史上最強のゴツ顔、新型・アル…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3444076アルファードとヴェルファイアは、顔と名前以外はほぼ同じの兄弟車。 今回の一部改良によって、この兄弟が空前絶後のゴツ顔に大変身し、絶賛爆売れ中ーーその人気の秘密に迫った! …

スバルが首位を死守!! 衝突しても安全なクルマランキング2017年度版

スバルが首位を死守!! 衝突しても安全なクルマランキング2017年度版

自動車アセスメントは、市販車の安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境を作り、より安全な自動車の …  Autoblog Japan スバルが首位を死守!! 衝突しても安全なクルマラ…https://jp.autoblog.com/2018/06/03/2017-jncap-assessment/独立行政法人自動車事故対策機構は2018年5月31日に、平成29年度「自動車アセスメント」の結果を発表した。 自動車アセスメントは、市販車の安全性能評価試験を行い、その結果を公表することで、ユーザー

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

軽自動車はクルマ界の「小宇宙」だ。 … 乗用車全体の75%を占める。2017年度(2017年4月から2018年3月)の軽自動車市場における販売ランキングは、1位が …  WEB CARTOP 売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴ…https://www.webcartop.jp/2018/06/250015ファミリー層を中心に人気の、ハイト系軽自動車たち。トールタイプなどと呼ばれるこのジャンルは大人が乗っても広々で、なおかつ荷物もたくさん載せられるなどメリットは多い。しかし、そんな好条件の揃うジャンルでも売れないモデルは存在する。車種とその理由をお伝えしたい。