クルマ・バイク

新車なのか中古車なのか「登録済み未使用車」はどんなクルマか 新車よりも安い理由

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

“大人のためのトミカ”シリーズ 「トミカプレミアム」5周年のご案内

“大人のためのトミカ”シリーズ 「トミカプレミアム」5周年のご案内

トミカプレミアムについて 「トミカプレミアム」は、クルマのフォルム、細かな塗装や印刷、 … トミカプレミアム」シリーズ全59種ランキング これまで発売してきた「トミカ …  Jタウンネット “大人のためのトミカ”シリーズ 「トミカプレミア…https://j-town.net/tokyo/other/a01_prwire/2019/03/26277530.html1.トミカプレミアム集合カット2019年3月26日株式会社タカラトミー“大人のためのトミカ”シリーズ「トミカプレミアム」5周年のご案内■4月新商品:トミカブランドで初製品化「ランボルギーニ…

フォーミュラEシーズン5 ダイジェスト

フォーミュラEシーズン5 ダイジェスト

今季から自動車メーカーのワークス参戦が目立ち、次世代車両の開発現場として … 予選はシリーズランキング上位5台がグループ1で、ついでグループ2、そして …  日本最大級のクルマ総合情報… フォーミュラEシーズン5 ダイジェスト(Auto Prove…https://carview.yahoo.co.jp/news/event/20190520-10411661-carview/フォーミュラEシーズン5 2018/19いよいよ、大詰めになってきたフォーミュラEの2018/19シーズン5。チャンピオン争いは熾烈な争いが続いているが、マシンがジェネレーション2に変わった今季、各チームの力が拮抗している。レースをエンター…

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …  みんなの株式 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://minkabu.jp/news/2161174最新投稿日時:2018/07/19 12:21 – 「「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>」(minkabuPRESS)

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 “最凶”2リッターターボ車選手権、参加受付中!

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 “最凶”2リッターターボ車選手権、参加受付中!

『webCG』のみならず、ほかの自動車サイトをのぞいてもジムニージムニージムニー… … と驚かされることが多いのが、webCGのアクセスランキング。 … あなたなら“仕事”をこなすために、どのクルマをチョイスしますか? … 他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度 …  webCG 月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 …http://www.webcg.net/articles/-/39164webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。2018年8月号では“最凶”の2リッターターボ車について、読者の皆さまの意見を大募集いたします。

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。