クルマ・バイク

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

投稿日:

日本の自動車メーカーはこれまで、米国市場を重要市場と位置づけてきた。例えば、ホンダは世界販売の約4割を北米市場が占め、“北米一本足打法”といわれてきた。日本車は燃費のよさで米国の消費者から高い評価を受け、人気ランキングの上位には常にトヨタ自動車の「カムリ」「カローラ」やホンダの「アコード」「シビック」 …

-クルマ・バイク

関連記事

ニッチすぎだろ!と思う博物館ランキング

ニッチすぎだろ!と思う博物館ランキング

3位 目黒寄生虫館⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「ブレーキ … こちらは自動車関連、産業機械のブレーキのリビルドや加工販売を行っている中山ライニング工業株式会社が運営しています。 … 調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。  ライブドアニュース 自動車のブレーキや寄生虫?ニッチすぎると思う博…http://news.livedoor.com/article/detail/14617794/日本全国には歴史的資料や美術品、記念物などが展示されている博物館が多数存在します。科学博物館や鉄道博物館をはじめ、いろいろな博物館がある中、「何でそれ?」と思ってしまうようなニッチな博物館も存在するよ

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴンなのに売れ行き不振な軽自動車3選

軽自動車はクルマ界の「小宇宙」だ。 … 乗用車全体の75%を占める。2017年度(2017年4月から2018年3月)の軽自動車市場における販売ランキングは、1位が …  WEB CARTOP 売れないからには理由がある! 鉄板のハイトワゴ…https://www.webcartop.jp/2018/06/250015ファミリー層を中心に人気の、ハイト系軽自動車たち。トールタイプなどと呼ばれるこのジャンルは大人が乗っても広々で、なおかつ荷物もたくさん載せられるなどメリットは多い。しかし、そんな好条件の揃うジャンルでも売れないモデルは存在する。車種とその理由をお伝えしたい。

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

たとえば、日本の自動車販売台数ランキングで上位を占めているのはいずれも日本メーカーの車であり、この点は中国とは大違いだと指摘。中国の自動車市場では販売台数ランキングの上位に海外メーカーの名前がずらっと並んでいるのが現状で、国産車である中国車は「メンツが立たない」とみなされる傾向があることと真逆で …  ニフティニュース 日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してし…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180311_00023/ 自家用車の普及が進む中国では、多くの消費者が「どのような車に乗っているか」という点を気にする。これは自動車が乗る人の社会的地位やステータスを示すツールとしての側面があるためであり、多くの中国人消費者…

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象

国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10」2017年末の新車対象 … 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車の … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  ライブドアニュース 国土交通省が公表した燃費のいい「軽自動車BEST10…http://news.livedoor.com/article/detail/14523347/2017年末時点の新車を対象に、国交省が燃費のいい自動車一覧を公表した。軽自動車部門の1〜2位は、スズキ・アルトと同車OEMのマツダ・キャロル。3位はスズキ・アルトラパン、4〜6位はダイハツ・ミラ イースと同車OEM2種

自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東京商工リサーチ調べ

自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東京商工リサーチ調べ

主な自動車部品関連メーカーの売上高ランキング(最新期、単体決算)は、トップがデンソーで2兆4728億4900万円(前期比1.9%増)だった。2位はトヨタ車体で1 …  レスポンス(Response.jp) 自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東…https://response.jp/article/2018/05/15/309665.html東京商工リサーチ(TSR)は5月14日、自動車部品関連メーカー業績動向調査の結果を発表。中小企業4170社の最新期(2016年10月期~2017年9月期)業績は増収増益と、好調に推移している。