クルマ・バイク

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

投稿日:

記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るのはいずれも日本車であり、外国車の姿は見受けられないと紹介。「日本人が日本車を愛することについて、多くの人は日本人の愛国心によるものと認識している。しかし、実際それは大した理由ではない。自動車自体が持つ強みによるものなのだ」とし、 …

-クルマ・バイク

関連記事

人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃費の良い乗用車のベスト10」を発表

人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃費の良い乗用車のベスト10」を発表

国土交通省では、省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れたクルマの開発・普及を促進するため、毎年「燃費の良い乗用車のベスト10」を公表しています。 … また軽自動車部門では、JC08モード燃費「37.0km/L」のスズキ アルト、及びマツダ キャロル が首位にランキングされており、3位は「35.6km/L」のスズキ アルト …  clicccar.com(クリッカー) 人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃…https://clicccar.com/2018/03/26/571763/国土交通省では、省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れたクルマの開発・普及を促進するため、毎年「燃費の良い乗用車のベスト10」を公表しています。 同省発表によると、昨年末時点で販売されている乗用車のうち、普通・小型自動車部門ではJC08モード燃費「40.8km/L」のトヨタ プリウスが3年連続で低燃費首位

二輪車リセールプライスランキング…Z900RS がダントツ首位 3-5月 バイク王

二輪車リセールプライスランキング…Z900RS がダントツ首位 3-5月 バイク王

バイク王バイクライフ研究所は、2018年3月から5月の期間を対象に、リセール … また、今回のランキングでは、原付一種・二種のモデルが多くランクイン。  レスポンス(Response.jp) 二輪車リセールプライスランキング…Z900RS がダン…https://response.jp/article/2018/07/03/311502.htmlバイク王バイクライフ研究所は、2018年3月から5月の期間を対象に、リセールプライス(再び売却した際の価格)の高いバイク、上位10車種を発表した。

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …  BIGLOBEニュース マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0213/zks_180213_3916879168.htmlマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「QGlobalTechAward」を受賞した。【…(2018年02月13日 21時51分55秒)

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  BIGLOBEニュース 【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2017 ト…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/dre_180618_8281945791.html株式会社パテント・リザルトは2018年6月18日、独自に分類した自動車メーカーの企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用され…(2018年06月18日 11時30分00秒)

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同7・33%高となった。 主なゴム … ニチリンの17年12月期は、国内自動車販売の回復に加え、輸出向けも堅調に推移したことで、主力の自動車用ゴムホースの販売が拡大し、売上高、利益とも2桁の伸び.  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高…http://www.gomutimes.co.jp/?p=127697 3月26~30日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面高の展開となり、前週末比で30社が上昇、1社が下落した。3月30日のゴム平均は、前週末比73円26銭高の1774円87銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同…