クルマ・バイク

日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い …

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

歌舞伎顔トヨタ「プリウス」は本当に不人気だった? デザイン刷新で復活なるか

歌舞伎顔トヨタ「プリウス」は本当に不人気だった? デザイン刷新で復活なるか

デザイン面では、従来モデルオーナーからも“抵抗があった”という声やクルマを … 2018年の年間販売台数は11万5462台で、これは軽自動車を除くランキング …  日本最大級のクルマ総合情報… 歌舞伎顔トヨタ「プリウス」は本当に不人気だった…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190228-10387591-carview/■「歌舞伎顔」と不評だった4代目のプリウス 2018年12月、トヨタ「プリウス」がマイナーチェンジをおこないました。全車に通信機能を標準採用して「コネクテッドカー化」し、先進安全機能の性能が向上、ほかにも複数の進化ポイントがありますが、興味深いのは外装のデザイ

軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売ランキング

軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売ランキング

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年7月5日に発表した2018年上期(1~6月)の車名別新車販売台数による …  日経 xTECH(クロステック) 軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00725/日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年7月5日に発表した2018年上期(1~6月)の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2期連続の首位となった。

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 専門店が語る魅力「十人十色の“俺のモンキー”」

先ごとのバイクの日(8月19日)前後には、新型モンキーの納車を喜ぶ様子がSNSでも多数投稿され、価格.COMではバイク人気ランキングで2位に急浮上(※23 …  ORICON NEWS 125ccで復活したホンダ「モンキー」にファン歓喜 …https://www.oricon.co.jp/special/51668/1967年に登場し50年間愛されてきたホンダの「モンキー」は、2017年夏に惜しまれつつも生産を終了。そして、この夏に、125ccの小型バイクとして復活した。排気量を車体を一身し、やや大ぶりに生まれ変わったが、そのデザインやモンキー魂はしっかりと継承され、ファンの間からは喜びの声が上がっている。先ごとのバイクの…

新車購入いつが得? 熟成時の「モデル末期」か進化した「最新モデル」か

新車購入いつが得? 熟成時の「モデル末期」か進化した「最新モデル」か

自販連が発表するランキングは、軽自動車や輸入車を除いた国産普通/小型車の … モデル末期といわれるクルマは、新車登場時のように簡単に売れることは …  くるまのニュース 新車購入いつが得? 熟成時の「モデル末期」か進…https://kuruma-news.jp/post/134123新車の買い時はいつ? フルモデルチェンジやマイナーチェンジからモデル末期まで、クルマを買うのに最適なタイミングはいくつかあるようです。では、どの時期が良いのでしょうか。

ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信は揺るがず

ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信は揺るがず

間違いなく、僕はクルマや自分自身の力を引き出せないでいた」. そのハミルトンは、現時点ではフェラーリの方がメルセデスよりもかなりペースがいいと認めている。 □何も心配はしていないとベッテル. ベッテルも、アゼルバイジャンではポイントリーダーの座から滑り落ちてしまったものの、自分自身と今季のフェラーリF1マシンは …  www.topnews.jp ベッテル、ランキングトップから滑り落ちるも自信…http://www.topnews.jp/2018/04/30/news/f1/170044.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。