クルマ・バイク

日産ノートが大ヒット! 効率だけではない、走りの楽しさがそこにはある

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

トヨタ31.0%、ホンダ14.5%、輸入車6.0%、他ブランドは? 日本メーカー&輸入車ブランドのマーケットシェア …

トヨタ31.0%、ホンダ14.5%、輸入車6.0%、他ブランドは? 日本メーカー&輸入車ブランドのマーケットシェア …

日本の自動車市場は、国内に8社もの自動車メーカーを擁する「特殊な市場」である。おまけに「軽自動車」という独特の事情もある。2019年の日本の自動車 … motor-fan.jpトヨタ31.0%、ホンダ14.5%、輸入車6.0%、他ブラン…日本の自動車市場は、国内に8社もの自動車メーカーを擁する「特殊な市場」である。おまけに「軽自動車」という独特の事情もある。2019年の日本の自動車マーケットを日本自動車販売協会連合会(自販連)の2019年ブランド別新車販売台数確報」をもとにグラフ化してみた。

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

多数ある自動車ジャンルの中でも、とくに人気の高いSUV。その概要を簡単におさらいしておきましょう。ごく簡単にいうと、SUV(Sport Utility Vehicle)とは、「荷物 … MOBY [モビー]|初めて車と出…国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年…近年の自動車のトレンドであるSUV。人気車のモデルチェンジや新モデルの登場など、2018年もSUVの話題は尽きません。市場に続々と登場するSUVのなかでも、独自の魅力をもつモデルはとくに人気があります。2018年上半期の自動車市場においても、魅力的なモデルが好調な売れ行きを見せました。どのようなSUVが人気を集めて…

電機と自動車、分かれた明暗 4~12月期決算データ

電機と自動車、分かれた明暗 4~12月期決算データ

上場企業が発表した2018年4~12月期決算は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比で0.2%増にとどまり、業種別では電機と自動車の明暗が分かれた。 日本経済新聞 電子版「勝ち組」の電機、減益の自動車と明暗上場企業が発表した2018年4~12月期決算は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比で0.2%増にとどまり、業種別では電機と自動車の明暗が分かれた。データとランキングで決算を読み解く。URL(ht

黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世界選手権 TrialEクラスへ2年連続の挑戦

黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世界選手権 TrialEクラスへ2年連続の挑戦

昨年TrialEクラスに初参戦しランキング2位となった黒山健一選手が、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からエントリーし、チャンピオン獲得を目指す。 ウェビック バイクニュース |…黒山健一選手が電動トライアルバイク「TY-E」で世…ヤマハ発動機は、昨年に続き、2019 FIMトライアル世界選手権 TrialE(Electric)クラスに、電動トライアルバイク「TY-E」で参戦することを決定した。 昨年TrialEクラスに初参戦しランキング2位となった黒山健一選手が、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からエントリーし、チャンピオン獲得を目指す。 以下プレスリリース…

19年新車販売、N―BOX3年連続トップ

19年新車販売、N―BOX3年連続トップ

2019年の車名別新車販売台数(登録車と軽自動車の総合ランキング)は、ホンダの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」が3年連続のトップを獲得した。 日刊自動車新聞 電子版19年新車販売、N―BOX3年連続トップ|自動車…2019年の車名別新車販売台数(登録車と軽自動車の総合ランキング)は、ホンダの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」が3年連続のトップを獲得した。単月ベースでは11月、2年3カ月ぶりに首位から陥落し…