クルマ・バイク

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

自動車では、エンジン始動(クランキング)時に負荷が急速に増大することなどにより、バッテリー電圧が一時的に大きく低下する現象が起こる。この時、バッテリー …  EE Times Japan 降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)http://eetimes.jp/ee/articles/1805/22/news023.htmlロームは2018年5月22日、「世界最高クラスの高速応答性」(ローム)を実現するという昇降圧コンバーター技術「Quick Buck Booster」を発表した。2018年夏には、本技術を用いて、自動車向け電源ICのサンプル出荷を開始する予定だ。

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …  みんなの株式 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://minkabu.jp/news/2161174最新投稿日時:2018/07/19 12:21 – 「「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>」(minkabuPRESS)

フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】

フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】

アメリカ=北米のクルマ市場で、そうした前提条件を省いた販売上位は、ピックアップトラックやSUVなどの“ライトトラック”が占める。 実際、昨2017年の北米の自動車販売ランキングも、1位はいつもどおりのF-150、続いて2位が「シボレー・シルバラード」、3位がクライスラーの「ラム」と、デトロイトスリーのフルサイズピックアップが …  ORICON NEWS フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】https://www.oricon.co.jp/article/412348/フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】|これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

従来、昇降圧DC/DCインバータは、常に昇圧を行う必要があるが、自動車では、実際に昇圧が行われるのは数ms程度のクランキング(出力電圧が低下する現象) …  マイナビニュース 人とくるまのテクノロジー展2018 横浜(1) ローム、…https://news.mynavi.jp/article/aee2018-1/ロームは、2018年5月23日から25日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」において、2018年夏の製品化を予定している開発中の昇降圧DC/DCコンバータの用途にも対応可能な降圧DC/DCコンバータ「BD8P250MUF-C」のデモ…

最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50位ほか編・完全版】

最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50位ほか編・完全版】

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から建設、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品業界編をお送り …  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!【業種別・建設全50…http://diamond.jp/articles/-/166969週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から建設、医薬品、石油・石炭製品、ゴム製品業界編をお送りする。