クルマ・バイク

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

【自動車保険】人気コンテンツランキング公開 2018年7月 大雨の影響により水没に関するページの閲覧数 …

【自動車保険】人気コンテンツランキング公開 2018年7月 大雨の影響により水没に関するページの閲覧数 …

株式会社エヌ・ティ・ティ・イフが運営する自動車保険サイト上でさまざまなコンテンツを公開しており、2018年7月にお客様によく見られているページをランキング …  ValuePress! 【自動車保険】人気コンテンツランキング公開 2018…https://www.value-press.com/pressrelease/206037株式会社エヌ・ティ・ティ・イフのプレスリリース(2018年8月8日 10時)。株式会社エヌ・ティ・ティ・イフが運営する自動車保険サイト上でさまざまなコンテンツを公開しており、2018年7月にお客様によく見られているページをランキング形式でご紹介いたします。7月は西日本で起こった水害の影響で洪水で損害を被った場合…

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動運転 …

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動運転 …

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動車特集—AI自動 … トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。 … 世界で最も価値ある100のブランド」ランキングにおいて、自動車メーカートップのトヨタは9位。 …. 空飛ぶタクシーと空飛ぶクルマの実現いつから?  自動運転ラボ トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と…https://jidounten-lab.com/u_4436「100年に1度の大変革期を勝ち抜く」―—。トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。章男社長が言う変革期とは何か。トヨタはこの100年に1度の戦いをどのように戦い抜くのか。

特許の価値、三菱電機が首位

特許の価値、三菱電機が首位

首位の三菱電機は4年連続で、自動車の制御技術などで評価の高い特許が目立った。ランキングの上位には、人工知能(AI)の利用などを進める電機や自動車 …  日本経済新聞 電子版 特許の価値、三菱電機が首位https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3756564009112018EAF000/特許調査・分析のパテント・リザルト(東京・文京)は9日、2017年度に国内で登録された特許の価値を評価した「特許資産規模ランキング」を発表した。首位の三菱電機は4年連続で、自動車の制御技術などで評価

10月の新車販売 なぜ2ケタ増? 「2018年10月に売れた日本車」

10月の新車販売 なぜ2ケタ増? 「2018年10月に売れた日本車」

2017年の10月は日産自動車が検査不備による出荷停止を行い、結果として全体の販売 … 月間の乗用車の車名別ランキングでは、“軽高登低” の配置が続く。  日本最大級のクルマ総合情報… 10月の新車販売 なぜ2ケタ増? 「2018年10月に売…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181113-10359563-carview/Q:10月の新車販売が前年同月比で2ケタ増を達成した主要因は?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:昨年10月は、日産が出荷停止を行ったため。2017年の10月は日産自動車が検査不備による出荷停止を行い、結果として全体の販売台数を大きく落として

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

今回のランキングでは、トップ10のうち8車種が2017年に発売されたモデル。 昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーモデルの台頭、また多数の従来モデルの生産終了などバイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも様変わり。全般的に上記のような変化を反映した結果となったのが特徴だ。  motor-fan.jp 「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・…https://motor-fan.jp/article/10003744バイクの買い取りでおなじみ「バイク王」が展開する「バイクライフ研究所」が、『売却した際に高値の付くバイク=リセール・プライスの高いバイク』の上位10車種を発表。「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得した。(REPORT:北秀昭)