クルマ・バイク

日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に懲りない“ホンネ”

投稿日:

日産自動車 今度は排ガスデータ改ざん判明 不正に懲りない“ホンネ” … 7月5日、日本自動車販売協会連合会などが発表した国内新車販売台数の2018年上半期(軽自動車を除く)ランキングにおいて、『ノート』が首位を獲得。日産にとって … 深刻な人手不足の中、このままでは同じような不正がまた起きる」(クルマ業界関係者)

-クルマ・バイク

関連記事

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)

自動車では、エンジン始動(クランキング)時に負荷が急速に増大することなどにより、バッテリー電圧が一時的に大きく低下する現象が起こる。この時、バッテリー …  EE Times Japan 降圧にIC1つ追加するだけの高速応答昇降圧技術 (1/2)http://eetimes.jp/ee/articles/1805/22/news023.htmlロームは2018年5月22日、「世界最高クラスの高速応答性」(ローム)を実現するという昇降圧コンバーター技術「Quick Buck Booster」を発表した。2018年夏には、本技術を用いて、自動車向け電源ICのサンプル出荷を開始する予定だ。

「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受けるN-BOXの技術

「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受けるN-BOXの技術

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が共同で行なう「 … ランキング下位に軽自動車や、小型の乗用車が多いことについては次のような …  ライブドアニュース 「普通車と差をつけない」安全性能で高評価を受け…http://news.livedoor.com/article/detail/15427448/安全性能の評価が高いホンダ「N-BOX」などについて週刊ポストが報じている。「衝突安全性能評価」で66車種中全体12位、軽自動車1位の評価を受けたN-BOX。フレーム構造を限りなく普通車に近くし、差をつけないようにしているという

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある