クルマ・バイク

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

投稿日:

日経平均構成銘柄の上昇率トップは、三菱自動車<7211>で10.1%高、同2位は三越伊勢丹ホールディングス<3099>で7.7%高となった。三菱自動車が前日に発表した18年3月期決算では、営業利益が982億円で前期比19.2倍となり、19年3月期は1100億円で同12.0%増と市場予想並みの水準を見込んでいる。円高で大手 …

-クルマ・バイク

関連記事

「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・クルマ」のベストバイをランキング形式で紹介

「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・クルマ」のベストバイをランキング形式で紹介

日常生活で役立つ様々なアイテムが揃うのも、ドンキの魅力。スタンダードなものから、ひと工夫がうれしいアイデア商品まで、カテゴリ別に3回に分けて、厳選3アイテムを紹介します。今回はトラベル・クルマ編です。  GetNavi web ゲットナビ 「ドンキ」にはこんなものまで売っている。「旅・…https://getnavi.jp/zakka/255381/日常生活で役立つ様々なアイテムが揃うのも、ドンキの魅力。スタンダードなものから、ひと工夫がうれしいアイデア商品まで、カテゴリ別に3回に分けて、厳選3アイテムを紹介します。今回はトラベル・クルマ編です。

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ. 日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャート … TDKは2.1%高で前場を折り返した。電気自動車(EV)向けの無線給電システムを自動車メーカーと共同開発すると報じられている。21年の実用化を目指すようだ。日経平均 …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180223034123日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり168銘柄、値下がり51銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は反発。前日比77.87円高の21814.31円(出来高概算5億7000万株)で前場の取引を終えた。22日の米国市場でNYダウは反発し・・・。

【洗車の王国】楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキング1位獲得! (6月17日付) 自社製品 自動車ガラス用 …

【洗車の王国】楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキング1位獲得! (6月17日付) 自社製品 自動車ガラス用 …

自動車ガラス用ケア福袋 [ウィンドウクリスタルほか:SENSHA:WINDOW … 楽天市場ランキング:車用品・バイク用品 > 車用品 > メンテナンス用品 > 汚れ …  宮崎日日新聞 Miyanichi e-press ドリームニュースhttp://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000175902洗車用品ブランド 株式会社洗車の王国(本社神奈川県伊勢原市 代表取締役社長 相原浩)は、自社製品 自動車ガラス用ケア福袋 発売好調 が、2018年6月17日付け、楽天市場 汚れ落とし・洗剤ランキングにて、1位を獲得したことを発表します。 https://item.rakuten.co.jp/sensya/1356005/

社会人が転職したい会社ランキング 1位トヨタ自動車、2位グーグル

社会人が転職したい会社ランキング 1位トヨタ自動車、2位グーグル

社会人が選んだ「転職人気企業ランキング」で2年連続1位となったトヨタ自動車。昨年開かれた東京モーターショーでも未来を想像させるコンセプトカーを披露し …  ライブドアニュース 社会人が転職したい会社ランキング 1位トヨタ自動…http://news.livedoor.com/article/detail/14856746/転職サービス「DODA」が転職人気企業ランキングを発表した。1位は2017年に続きトヨタ自動車がランクインし、2位にはグーグルという結果。上位2社の人気が「一歩抜き出た状態」となっているようだ

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

今回のランキングでは、トップ10のうち8車種が2017年に発売されたモデル。 昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーモデルの台頭、また多数の従来モデルの生産終了などバイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも様変わり。全般的に上記のような変化を反映した結果となったのが特徴だ。  motor-fan.jp 「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・…https://motor-fan.jp/article/10003744バイクの買い取りでおなじみ「バイク王」が展開する「バイクライフ研究所」が、『売却した際に高値の付くバイク=リセール・プライスの高いバイク』の上位10車種を発表。「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得した。(REPORT:北秀昭)