クルマ・バイク

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は8日続伸、ファーストリテが1銘柄で約33円押し上げ

投稿日:

… 円押し下げた。9月末の配当権利落ちによる処分売りに加え、日米首脳会談を控え、自動車関税問題に対する警戒感の高まりから自動車株の軟調さが目立つ。

-クルマ・バイク

関連記事

マツダの新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

マツダの新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

マツダが発売している全14車種は上記の表の通りとなります。OEM供給を受ける軽自動車を除くと、マツダの完全自社生産の車種は9車種と少なく、いわゆる少数 …  MOBY [モビー]|初めて車と出… マツダの新車で買える現行車種一覧&人気ランキン…https://car-moby.jp/330925魂動デザインやスカイアクティブテクノロジーでおなじみのマツダは、他のメーカーにはない魅力が盛りだくさんです。当記事では、新車で販売されている現行14車種について詳しくご紹介し、人気5車種をランキング形式で発表するなど、マツダ車の魅力をまとめました。

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績は? 「2018年8月に売れた日本車」

市場動向について業界団体の関係者は、「8月の新車販売は、軽自動車が好調に推移したこともあって2カ月連続での … 2018年8月 車名別 販売台数ランキング  日本最大級のクルマ総合情報… 豪雨の影響で、7月はマイナスのマツダ 8月の成績…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180907-10340421-carview/Q:西日本豪雨の影響で、7月の登録車販売が前年比14.5%減(1万2107台)と落ち込んだマツダ。8月の販売成績は回復したか?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)photo:Keisuke Maeda(前田惠介)A:登録車の前年同月比が概況で11

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203.T>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体 …  ニフティニュース 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://news.nifty.com/article/economy/stock/12217-1473923/★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ 2 5G 3 ドローン 4 人工知能 5 ICタグ 6 全固体電池 7 RPA 8 ブロックチェーン 9 再生医療 10 量子コンピューター みんなの株式と株探…

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

なお、登録車と軽自動車を合算した新車販売ランキングで、2018年上半期の2位につけたのはスズキ・スペーシア。軽自動車のスーパーハイトワゴンが売れて …  WEB CARTOP ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってラ…https://www.webcartop.jp/2018/08/270638ホンダの軽自動車N-BOXは圧倒的な販売台数で、軽のみならず、普通車を含めてもナンバー1の売れ行きを誇る。だが当然売れ筋のカテゴリーには他メーカーもライバル車を投入する。スズキ・スペーシアにダイハツ・タントだ。それでもなおN-BOXだけが売れる理由とは?

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想する … 改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車 … 最も顕著な街である。2016年の中国自動車産業基地競争力ランキングでも、嘉定 …  ダイヤモンド・オンライン 嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出するhttps://diamond.jp/articles/-/177877今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想するだろう。改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車産業は嘉定区から始まり、この464.2平方kmの情熱の地で徐々に発展を遂げ、規模を拡大し、今では嘉定区だけでなく、上海の有力産業ともなっている。その嘉定区は…