クルマ・バイク

時代を先読み! 週間人気記事ランキング5選

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

20代の年収が高い企業ランキング、1位は? – 2位日立製作所、3位トヨタ

20代の年収が高い企業ランキング、1位は? – 2位日立製作所、3位トヨタ

また査定に関しても、妥当であると感じる」(トヨタ自動車/20代後半男性/年収700万円)、「残業の多い部署であれば20代後半で1,000万円を超える人もいる」( …  マイナビニュース 20代の年収が高い企業ランキング、1位は? – 2位日…https://news.mynavi.jp/article/20190109-753737/グローバルウェイは1月9日、「20代の年収が高い企業ランキング」を発表した。調査対象は『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、2017年4月1日~2018年3月31日に企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」に20代のユーザーから給与・残業情報が10件以上よせられた企業。

わずか3車に託された軽バン業界 再編された軽4ナンバー車の内情とは?

わずか3車に託された軽バン業界 再編された軽4ナンバー車の内情とは?

2017年度(2017年4月から2018年3月)に売られた新車の内、軽自動車の販売比率が36%に達しました。軽乗用車の販売ランキングは、1位がホンダN-BOX& …  日本最大級のクルマ総合情報… わずか3車に託された軽バン業界 再編された軽4ナ…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180815-10333981-carview/■働くクルマ 軽バンは影の人気車だった!? 2017年度(2017年4月から2018年3月)に売られた新車の内、軽自動車の販売比率が36%に達しました。軽乗用車の販売ランキングは、1位がホンダN-BOX&同スラッシュ(1か月平均で1万8620台)、2位はダイハ

軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独占 【マーケット概況・10月】

軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独占 【マーケット概況・10月】

さらに軽商用車部門についても「ホンダ N-VAN」のヒットなどで前年比2ケタ増となり、結果、軽自動車全体では15万7438台に達し、10月の過去最高を記録した。  日本最大級のクルマ総合情報… 軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独…https://carview.yahoo.co.jp/article/market/20181119-20104497-carview/10月の新車販売は、前年比12.5%増の41万8992台に達し、2ヶ月ぶりにプラスに転じた。一方、年度後半の初月となる10月は例年台数が減少傾向にあり、今年も前月比15.2%減となった。10月の特に目立った動きとしては、小型乗用車(5ナンバー車)が13ヶ月ぶり…

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

1~8位は前年と変わらず、首位は11年連続でトヨタ自動車だった。2位には … ランキングは昨年6月末までの動向を加味しており、前会長カルロス・ゴーン被告の …  沖縄タイムス+プラス 検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブラ…https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/385113 コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開する日本企業の2019年のブランド価値ランキングを発表した。

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカーはこれまで、米国市場を重要市場と位置づけてきた。例えば、ホンダは世界販売の約4割を北米市場が占め、“北米一本足打法”といわれてきた。日本車は燃費のよさで米国の消費者から高い評価を受け、人気ランキングの上位には常にトヨタ自動車の「カムリ」「カローラ」やホンダの「アコード」「シビック」 …  ビジネスジャーナル/Business… 日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパ…http://biz-journal.jp/2018/03/post_22777.htmlトヨタ・豊田章男社長(左)とホンダ・八郷隆弘社長(右)(つのだよしお/アフロ) 主戦場は米国から中国へ  いまや、自動車市場の主役は中国だ。とりわけ、日本の自動…