クルマ・バイク

最強オーナー企業ランキング【全業種総合編・全50位・完全版】

投稿日:

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。 オーナー企業の評価は、日本経済大学大学院の後藤俊夫特任教授らの研究 …

-クルマ・バイク

関連記事

自動車メーカー信頼度調査、Teslaが29位中の27位へ下落–上位は日本勢が占める

自動車メーカー信頼度調査、Teslaが29位中の27位へ下落–上位は日本勢が占める

米国の消費者情報誌Consumer Reportsは、会員から集めた情報にもとづく自動車メーカーおよび自動車ブランドの信頼性ランキングを発表した。トヨタ自動車の …  CNET Japan 自動車メーカー信頼度調査、Teslaが29位中の27位へ…https://japan.cnet.com/article/35128179/米国の消費者情報誌Consumer Reportsは、自動車メーカーおよび自動車ブランドの信頼性ランキングを発表した。テスラが順位を6つ落として27位となったほか、日本勢が上位を占めた。

米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 各社に聞いた「選ばれる理由」とは

米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 各社に聞いた「選ばれる理由」とは

クルマの世界も同様で、アメリカにおける乗用車の販売ランキングには十数年に渡ってトヨタ「カムリ」や同「カローラ」、ホンダ「シビック」、同「CR-V」などの日本車が上位を独占しており、近年はクルマと同様に自動車部品の分野でも日本ブランドが高い支持を獲得しつつあります。 180221 parts 01 熊谷ナンバーがついたままが …  乗りものニュース 米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 …https://trafficnews.jp/post/79773アメリカでの日本車人気は、国内自動車パーツメーカーにも追い風となっています。かの国で確固たる地位を築く各メーカーの、人気の背景を探ってみました。

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布〜高井戸間 国交省発表

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布〜高井戸間 国交省発表

年間におけるIC区間別の渋滞ランキングのトップは、中央自動車道の調布〜高井戸間で、渋滞損失時間は139万人・時間で昨年2位から順位を上げた。昨年1位だった東名高速道路の海老名JCT〜横浜町田間は123万人・時間で2位。順位が変わらずの3位は東名高速道路の東名川崎〜東京の115万人・時間。4位は昨年7位 …  BIGLOBEニュース 高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~…https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0404/zks_180404_6242034225.html国土交通省の発表によると、高速道路や都市高速道路、直轄国道で発生する渋滞によって、年間合計で17.4億人・時間が失なわれていることが分かった。【こちらも】新東名…(2018年04月04日 21時59分04秒)

トヨタがSUVズラリ なぜまだ追加? 新型「RAV4」復活の意味とは

トヨタがSUVズラリ なぜまだ追加? 新型「RAV4」復活の意味とは

2018年の年間販売台数ランキング(軽自動車・輸入車除く)で、SUVカテゴリーをサイズ別にみると、コンパクトSUVでトヨタ「C-HR(7万6756台)」、ミドルSUVは …  Yahoo!ニュース トヨタがSUVズラリ なぜまだ追加? 新型「RAV4」…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010002-kurumans-bus_all一昔前には、若者に人気があるクルマとして話題性が高かったトヨタの「RAV4」。日本国 – Yahoo!ニュース(くるまのニュース)

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6 … 6月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 201…https://response.jp/article/2018/07/05/311592.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。