クルマ・バイク

最強オーナー企業ランキング!建設業界編、大手は鹿島が4位、では1位は?

投稿日:

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から建設業界編をお送りする。 オーナー企業の評価は、日本 …

-クルマ・バイク

関連記事

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位に急浮上、日産とスバルは後退[新聞ウォッチ]

2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。就職支援大手 … 若者のクルマ離れ」が深刻化する中で、自動車メーカーは、ベスト10入りを果たしたトヨタの次は45位のホンダで、前年の46位からわずか1ランクのアップではなんとも情けない。 トヨタ『86』、 …  レスポンス(Response.jp) 当世就職希望ランキング…首位は日航、トヨタが5位…https://response.jp/article/2018/04/17/308613.html2019年卒業予定の学生を対象にした就職希望企業の人気ランキングは、当世学生気質を読み取れることでも興味深い。最も就職したい企業は前年4位の日本航空がトップ、2位は前年7位の総合商社の伊藤忠商事で、3位は前年同様の全日本空輸

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気象変化の大きい今冬、厳しい日々が続いているだろう。JAF(日本自動車連盟)の発表によると、今年1月中に「猫が自動車に入り込んだ …  CS RANKING 冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2106190/“猫バンバン”が有効な理由 今日2月22日は“猫の日”。かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気…

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

ライバルとなるアクアが燃費向上したマイナーチェンジ後の2018年1月、2月もノートが小型自動車の新車登録台数ランキングNo.1を獲得していることから、クルマ購入時に、燃費以外の魅力も重要視されるようになってきたことが窺える(もちろん、ヴィッツにハイブリッドが登場したため、アクアの層の一部がそちらに流れた面も …  Autoblog Japan 国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 …https://jp.autoblog.com/2018/04/01/2018-high-mileage/国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要

[連載 6・最終回] 8耐を制したSBK王者たち・・・ジョナサン・レイ

[連載 6・最終回] 8耐を制したSBK王者たち・・・ジョナサン・レイ

この連載は1998年に成立したSBK(世界スーパーバイク選手権)のタイトル保持者で、鈴鹿8耐を制覇したグレートライダーを紹介していきます。 … 距離でもありませんでした。2005〜2007年はホンダからBSB(英国スーパーバイク選手権)に参戦するものの、3年目の2007年のランキング2位がBSBでの最高の結果でした・・・。  suzuka8hours.lrnc.cc [連載 6・最終回] 8耐を制したSBK王者たち・・・ジ…http://suzuka8hours.lrnc.cc/_ct/17156158ご存知の通り1994年以降、鈴鹿8耐はスーパーバイクのルールに準じて行われています。この連載は1998年に成立したSBK(世界スーパーバイク選手権)のタイトル保持者で、鈴鹿8耐を制覇したグレートライダーを紹介していきます。今回は今年の鈴鹿8耐参戦を公表している、SBK3連覇の絶対王者、J.レイを紹介します!

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

とりまとめ結果によると、インターチェンジ(IC)別年間渋滞ワーストランキングは、16年に2位だった中央自動車道(上り)調布IC-高井戸IC間が1位となった。昨年1位だった東名高速(上り)横浜町田IC-海老名ジャンクション(JCT)間は2位。 高速道路4社が管理する渋滞損失時間の合計は年間2.1億人・時間で、これは高速道路を …  www.logi-today.com 高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位https://www.logi-today.com/313758