クルマ・バイク

最新!「有休取得率」の高い300社ランキング

投稿日:

今回もランキングトップは自動車大手のホンダで、7年連続で首位の座を維持している。3年平均の取得率は99.6%に達する。ホンダでは、次年度への有給繰越日数の上限は20日で、21日以上の分はカットされてしまうため、有給休暇の残日数を必ず20日以下になるよう、つまり有給休暇がカットされないよう計画的な取得を …

-クルマ・バイク

関連記事

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

またランキングでは5年前の正社員数と比較した増減率を掲載。人数が増加しているか減少しているかは、企業の活力をみる指標ともなる。同じ製造業でも業界によって明暗が分かれる結果となった。 ランキング上位には売上規模の大きなグルーバル企業が目立つ。典型的なのが自動車メーカーだが、全世界で現地生産を進め …  東洋経済オンライン 最新!これが正社員数の多いトップ500社だ | 企業…https://toyokeizai.net/articles/-/2150202019年入社の就職活動が本格化し、オフィス街ではスーツ姿の就活生が目立つようになった。今シーズンも売り手市場と言われ、大企業でも採用予定数の確保に苦心しそうだ。ただ、知名度で言えば同等の大企業だとして…

【市況】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比190円高の21680円

【市況】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比190円高の21680円

欧米間の自動車・自動車部品への関税を巡る貿易摩擦への懸念が後退し、欧州株が全面高となると、米国株にも買いが先行した。注目のFOMC議事録では、 …  kabutan.jp ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴ…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201807060028ADR(米国預託証券)日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、TDK<6762>など全般堅調・・・。

電通PRの企業広報戦略研究所が 『第3回魅力度ブランディング調査』結果を発表(共同通信PRワイヤー)

電通PRの企業広報戦略研究所が 『第3回魅力度ブランディング調査』結果を発表(共同通信PRワイヤー)

業界別ランキングは、1位「海外自動車・自動車関連部品」、2位「飲料」 3.「ESG」認知 … 本リリースでは、調査結果のうち、魅力項目ランキング、魅力度の業界別 …  毎日新聞 プレスリリース:電通PRの企業広報戦略研究所が 『…http://mainichi.jp/articles/20180920/pls/00m/020/544000c2018年9月20日企業広報戦略研究所(C.S.I.)(株式会社電通パブリックリレーションズ内)電通PRの企業広報戦略研究所が 『第3回魅力度ブランディング調査』結果を発表全国の生活者1万人を対象とした「第3回魅力度ブランディング調査」1. 企業に魅力を感じる要素 1位から4位

型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関係性と確認方法

型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関係性と確認方法

自動車保険の保険料は補償内容や等級が同じでも契約している車両によって変わってくる … 保険内容の充実度」で選ばれた自動車保険 最新ランキングを発表  CS RANKING 型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2114161/自動車の型式別車両料率クラスとは 自動車保険の保険料は補償内容や等級が同じでも契約している車両によって変わってくるが、これは「型式別車両料率クラス」によって決められているためである。普段はあまり耳にすることのない言葉だが、どういっ…

BMWやメルセデスに恩恵か-米・EU自動車関税の撤廃案が実現なら

BMWやメルセデスに恩恵か-米・EU自動車関税の撤廃案が実現なら

米国で組み立てられた自動車の今年の欧州販売見通しランキングを考慮すると、その理由が分かりやすい。ランキングで上位を占めているのは、 BMWや …  Bloomberg.com BMWやメルセデスに恩恵か-米・EU自動車関税…https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-09/PBKSQ66JIJUY01トランプ米政権の貿易を巡る最大級の懸念を解決する方法の一つとして、米国の駐ドイツ大使が米・欧州連合(EU)間の自動車関税撤廃について協議を目指す考えを示したとされるが、これには大きな問題が一つある。関税がどれだけ引き下げられても、欧州の道路がシボレーやフォードといった米国車で近い将来いっぱいには…