クルマ・バイク

最新!「社会人が転職したい会社」ランキング

投稿日:

このランキングを紹介するとともに、新卒の就活生の人気ランキングとの違いを見ていきたい。きっと大学生 … 1位は昨年に引き続き、トヨタ自動車が入った。直近の …

-クルマ・バイク

関連記事

シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メーカーの混戦/SBK前半戦振り返り

シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メーカーの混戦/SBK前半戦振り返り

2018年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)は、サマーブレイクも終わり今週末に後半戦がスタートする。全13ラウンド26レース行われる今シーズンも …  日本最大級のクルマ総合情報… シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メ…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180914-10342109-carview/ 2018年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)は、サマーブレイクも終わり今週末に後半戦がスタートする。全13ラウンド26レース行われる今シーズンも残り4ラウンドとなる。後半戦に入る前に前半に行われた9ラウンドを振り返りつつ解説する。 ヨーロッパを中心

MotoE:グレシーニレーシングがイタリア選手権2位のライダーを起用

MotoE:グレシーニレーシングがイタリア選手権2位のライダーを起用

2018年シーズンは12レース中2勝を挙げ表彰台は8回、ドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピロに続きランキング2位を獲得した。スーパーバイク世界 …  日本最大級のクルマ総合情報… MotoE:グレシーニレーシングがイタリア選手権2位…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20181011-10349803-carview/ グレシーニレーシングは10月10日、電動バイクレース、『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)のライダーにマッテオ・フェラーリを起用することを発表した。 MotoEは2019年から新たに始まる電動バイクの新シリーズ。2019年シーズ

【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(1)】車の価値はディーラー対応が決める?

【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(1)】車の価値はディーラー対応が決める?

自動車ユーザーの立場から見て、大事なことは「良いクルマ」であることだが、それは「商品力」と「整備力」の両方だ。最近の自動車は、「運転支援システム」や「 …  財経新聞 【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(1)】…https://www.zaikei.co.jp/article/20181112/477425.html自動車ユーザーの立場から見て、大事なことは「良いクルマ」であることだが、それは「商品力」と「整備力」の両方だ。

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』の輸出を開始

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準を …  財経新聞 三菱自動車、インドネシアから『エクスパンダー』…https://www.zaikei.co.jp/releases/619824/TOKYO, Apr 25, 2018 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車は本日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の輸出を開始したことを発表しました。

中国の上場企業、2017年広告費トップ10 首位は日本ランキングなら4位の規模

中国の上場企業、2017年広告費トップ10 首位は日本ランキングなら4位の規模

1901年、GMオールズモビルが上海へ進出、以来1940年代まで“万国汽車(自動車)博覧”と呼ばれるほど上海は自動車産業が盛んだった。その伝統を引き継ぐオール上海の自動車メーカー。1983年、フォルクスワーゲン・サンタナの組立に成功。翌年に合弁会社、上海大衆汽車を設立。97年にはGM合弁の上海通用汽車設立 …  ZUU online 中国の上場企業、2017年広告費トップ10 首位は日…https://zuuonline.com/archives/184928中国の国内市場上場企業の2017年財務年報がほぼ出そろった。中商産業院はこの中から広告費を抽出し、トップ500ランキングを発表した。経済サイト「中商情報網」が伝えた。広告費の動向は、企業活動の質量を図る重要なバロメーターである。