クルマ・バイク

最新!「好感度が高い」トップ300社ランキング

投稿日:

そこで今回、東洋経済では「企業好感度の高い企業トップ300社」のランキングを、JNNデータバンクと協力し作成した。 「第74回JNNデータバンク定例全国 … 2位以下に関しても、おなじみの顔ぶれが並んだ。2位はトヨタ自動車の35.2%で30代以降の支持が安定している。3位は無印良品。総合では32.2%だが、女性に限る …

-クルマ・バイク

関連記事

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(スズキ)以来9年ぶりで、上位10位のうち軽が7車種を占めた。 N-BOXは前年度比16.2%増の22万3449台。「軽乗用車最大級の室内空間や存在感の …  SankeiBiz(サンケイビズ) 新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsa1804060500002-n1.htm2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(…

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

月間平均維持費は、登録時に会員が記入した維持費用の月間平均値です。自動車税、車検費用、駐車場代、車体メンテナンス費用などクルマを維持するために纏わる費用が含まれておりますが、車体の購入費用などは含まれておりません。 ※維持費軽減率は四捨五入しています(四捨五入する前の数値の大小でランキングを …  プレスリリース・ニュースリ… 個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクル…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013971.htmlDeNAのプレスリリース(2018年4月9日 11時38分)個人間カーシェア カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。  投信1 LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム …http://www.toushin-1.jp/articles/-/5671青色・白色LEDを世界に先駆けて事業化し、LED業界の拡大を長年牽引してきた日亜化学工業。その売上高首位の座にドイツのオスラム オプトセミコンダクターズがひたひたと迫っている。

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ. 日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャート … TDKは2.1%高で前場を折り返した。電気自動車(EV)向けの無線給電システムを自動車メーカーと共同開発すると報じられている。21年の実用化を目指すようだ。日経平均 …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180223034123日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり168銘柄、値下がり51銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は反発。前日比77.87円高の21814.31円(出来高概算5億7000万株)で前場の取引を終えた。22日の米国市場でNYダウは反発し・・・。

今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレードをチェック!【2018年春版】

今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレードをチェック!【2018年春版】

また、ランキングの上位10台のうち7台が軽自動車が占め、それらは軒並み前年度を上回る販売台数を記録。一方で、普通車の販売台数は減少傾向にあり、「プリウス」は前年比マイナス33.8%。これらから、次に買うクルマの候補に軽自動車が入ってくる余地はまだまだあることが伺えます。 今回は、ランキングでトップ3に輝い …  clicccar.com(クリッカー) 今売れている注目の軽自動車3台。オススメグレード…https://clicccar.com/2018/04/15/578685/2017年度の車名別新車販売台数において、「N-BOX」が「プリウス」を7万台上回る22万3449台でトップに君臨したことが話題となっています。 また、ランキングの上位10台のうち7台が軽自動車が占め、それらは軒並み前年度を上回る販売台数を記録。一方で、普通車の販売台数は減少傾向にあり、「プリウス」は前年比マ