クルマ・バイク

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 現地直送! 北京モーターショー速報

投稿日:

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。いよいよ開幕した北京モーターショー。5月号では熱気あふれるその会場から、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオさんによるリポートをお届けします。 それでは …

-クルマ・バイク

関連記事

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

日本の自動車産業が軌道に乗り、世界に認められるのは第二次世界大戦が … この時期に送り出したクルマには思い入れが強いらしく、トヨタは現在も名前を使い …  WEB CARTOP トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続け…https://www.webcartop.jp/2018/09/279532いくら伝統の車名といえども売れなければメーカーも存続できない。悲しくも消えていく車名もある。しかし一方で、延々と車名が続くクルマもあるのだ。今回は国産車のなかで、ひとつの車名が残り続けているロングセラーモデルを長い順にピックアップした。もっともご長寿のクルマは?

トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情

トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情

トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、微妙な立ち位置にいる。 日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、今年1~9月にアクアは約9万6900 … 名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で、日産自動車「ノート」(約10万8800台、月 …  東洋経済オンライン トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/240117トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、微妙な立ち位置にいる。日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、今年1~9月にアクアは約9万6900台(月平均約1万0760台)を売り、乗用車ブランド通称…

日本人が好む自動車メーカーランキング、日系独占は想定外だがその「順番」が意外だった=中国メディア

日本人が好む自動車メーカーランキング、日系独占は想定外だがその「順番」が意外だった=中国メディア

中国メディア・東方網は、「日本人が最も好きな5つの自動車ブランドは全て日系だが、意外な部分もあった」とする記事を掲載した。記事が「意外」としたのは、人気 …  ニコニコニュース 日本人が好む自動車メーカーランキング、日系独占…https://news.nicovideo.jp/watch/nw4196716 中国メディア・東方網は、「日本人が最も好きな5つの自動車ブランドは全て日系だが、意外な部分もあった」とする記事を掲載した。記事が「意外」としたのは、人気トップ5メーカーの序列のようだ。 記事は昨年の自動車国内販売台数から、「日本人が最も…

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6 … 6月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 201…https://response.jp/article/2018/07/05/311592.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。 … 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。 … 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。  日刊ゲンダイDIGITAL 販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228769 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れて…