クルマ・バイク

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 現地直送! 北京モーターショー速報

投稿日:

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。いよいよ開幕した北京モーターショー。5月号では熱気あふれるその会場から、イタリア在住のコラムニスト、大矢アキオさんによるリポートをお届けします。 それでは …

-クルマ・バイク

関連記事

【洗車の王国】楽天市場 ワックスランキング1位獲得! (6月28日付) 自社製品 洗車セット [ファイン …

【洗車の王国】楽天市場 ワックスランキング1位獲得! (6月28日付) 自社製品 洗車セット [ファイン …

楽天市場ランキング:車用品・バイク用品 > 車用品 > メンテナンス用品 > ボディ洗浄・ケア … 使いやすさを追求して開発された自動車用コーティング剤です。  ドリームニュース 【洗車の王国】楽天市場 ワックスランキング1位獲…https://www.dreamnews.jp/press/0000176693/洗車用品ブランド 株式会社洗車の王国(本社神奈川県伊勢原市 代表取締役社長 相原浩)は、自社製品 洗車セット が、2018年6月28日付け、楽天市場 ワックスランキングにて、1位を獲得したことを発表します。 https://item.rakuten.co.jp/sensya/1109-1set-sps/

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体電池」 …  kabutan.jp 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201803230372★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ2 5G3 ドローン4 人工知能5 ICタグ6 全固体電池7 RPA8 ブロックチェーン9 再生医療10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

CMの影響絶大? 現役女子大生が好むクルマは意外にも環境・安全重視? 人気トップ10

CMの影響絶大? 現役女子大生が好むクルマは意外にも環境・安全重視? 人気トップ10

現在の国内販売では、コンパクトカーや軽自動車などの扱いやすいクルマやファミリーに人気の … 現役女子大生に人気のクルマをランキング形式で紹介します。  くるまのニュース CMの影響絶大? 現役女子大生が好むクルマは意外に…https://kuruma-news.jp/post/103056現在の国内販売では、コンパクトカーや軽自動車などの扱いやすいクルマやファミリーに人気のミニバンやSUVが売れ筋車種です。では、現役女子大生にはどんなクルマが人気なのでしょうか。

2019就活、京大生の注目企業ランキング…関西本社企業の注目度高

2019就活、京大生の注目企業ランキング…関西本社企業の注目度高

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、2019就活生のうち、京都大学生の動向に着目した「京大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」を集計した。1位は「アクセンチュア」、2位は「野村総研」、3位は「新日鐵住金」。TOP30には関西・東海エリアに本社を置く企業が多くランクインした。  リセマム 2019就活、京大生の注目企業ランキング…関西本社企…https://resemom.jp/article/2018/04/02/43834.html 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、2019就活生の内、京都大学生の動向に着目した「京大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」を集計した。1位は「アクセンチュア」、2位は「野村総研」、3位は「新日鐵住金」。

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある