クルマ・バイク

月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 webCGライター陣が語る「ゆく年くる年」

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業界はココに注目

あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業界はココに注目

新元号はクルマにはあんまり関係なさそうですが、なんとなく気分はアガります。 … 国内の登録車販売ランキングを見ても、3ナンバーで上位に来ていたのは「 …  webCG あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業…https://www.webcg.net/articles/-/401062019年の自動車業界はココに注目! 税率アップが不可避とされている消費税の影響や、モデルチェンジするであろう人気車種の顔ぶれなどについて、モータージャーナリストの清水草一が予想する。

ゴーンと日産の役員報酬はどれだけ高いのか

ゴーンと日産の役員報酬はどれだけ高いのか

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを用いて、役員報酬に関するランキングを繰り返し配信してきた。 上位に必ずランクインしてきたのが、日産自動車 …  東洋経済オンライン ゴーンと日産の役員報酬はどれだけ高いのか | 経営https://toyokeizai.net/articles/-/250509日産自動車のカルロス・ゴーン代表取締役会長を東京地検特捜部は11月19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で逮捕した。特捜部は日産自動車の家宅捜索も19日より行っている。日産自動車が発…

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

日経が年間販売台数100万台を超える自動車メーカーを対象に1台当たりの利益を算出し、きょうの投資情報面で、効率的に稼ぐ自動車メーカーのランキングを …  レスポンス(Response.jp) クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタ…https://response.jp/article/2018/07/24/312247.html1台当たりの利益が最も高かったのはメルセデスベンツのブラントを持つ独ダイムラーで5228ドル(約59万円)。2位は独BMWで4983ドル(約56万円)だったという。

中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか

中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか

今年(2018年)上半期(1~6月)における中国の自動車販売台数は、前年同期比5.6%増の1406.6万台となりました。このうち乗用車は同4.6%増の1177.5万台、 …  JBpress(日本ビジネスプレス) 中国でいま最も売れている自動車メーカーはどこか …http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53784中国自動車市場は順調な市場拡大が続いています。今回は中国の自動車市場にまつわるさまざまなデータを集め、筆者個人の視点も入れつつ多角的な分析を行っていきたいと思います。

【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(2)】「スバル、三菱」サービス満足度の低評価

【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(2)】「スバル、三菱」サービス満足度の低評価

自動車などの工業製品は、どうしても「問題はない」と言うわけにはいかない。「品質保証」は、整備対応も含めて評価しなければ、実際の「商品価値」の評価に …  財経新聞 【自動車ディーラー「対応満足度」ランキング(2)】…https://www.zaikei.co.jp/article/20181112/477430.html自動車などの工業製品は、どうしても「問題はない」と言うわけにはいかない。