クルマ・バイク

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

投稿日:

33業種のうち医薬品、陸運業を除く31業種が下落しており総じて軟調な展開。トランプ米大統領が、安全保障を理由に自動車自動車部品に追加関税を課す …

-クルマ・バイク

関連記事

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

月間平均維持費は、登録時に会員が記入した維持費用の月間平均値です。自動車税、車検費用、駐車場代、車体メンテナンス費用などクルマを維持するために纏わる費用が含まれておりますが、車体の購入費用などは含まれておりません。 ※維持費軽減率は四捨五入しています(四捨五入する前の数値の大小でランキングを …  プレスリリース・ニュースリ… 個人間カーシェア「Anyca」 カーシェアによるクル…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000013971.htmlDeNAのプレスリリース(2018年4月9日 11時38分)個人間カーシェア カーシェアによるクルマの維持費軽減率ランキングを公開

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! … 2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と14位(タンク)でそれぞれ個別にはさほど上位ではない。ただ、2 … トヨタにとってはOEM(相手先ブランドによる生産)調達しているクルマだ。  東洋経済オンライン トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由 | 販売…http://toyokeizai.net/articles/-/211781トヨタ自動車が「ルーミー」「タンク」の車名で2016年11月から販売しているコンパクトカー兄弟が、意外なヒットを見せている。2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と1…

売れるクルマはハイブリッドだらけ! 日本のHV信奉は特異なのか

売れるクルマはハイブリッドだらけ! 日本のHV信奉は特異なのか

2018年上半期にもっとも売れたクルマ(登録車)は日産ノート。その原動力と … さらにトップ10内でハイブリッドを設定していないのは、ランキング8位のトヨタ・ルーミーくらい。 … さらに一歩先を行く中国市場では電気自動車の普及が進められている。  毎日新聞 WEB CARTOP:売れるクルマはハイブリッドだらけ!…https://mainichi.jp/articles/20180726/ctp/00m/020/000000c世界は日本に遅れてハイブリッドがトレンドに 2018年上半期にもっとも売れたクルマ(登録車)は日産ノート。その原動力となったのは100%電気駆動という、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」であることに異論はないだろう。ノートに続くのがアクア、プリウスというトヨタのハイブリッド専用車。さ

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同7・33%高となった。 主なゴム … ニチリンの17年12月期は、国内自動車販売の回復に加え、輸出向けも堅調に推移したことで、主力の自動車用ゴムホースの販売が拡大し、売上高、利益とも2桁の伸び.  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高…http://www.gomutimes.co.jp/?p=127697 3月26~30日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面高の展開となり、前週末比で30社が上昇、1社が下落した。3月30日のゴム平均は、前週末比73円26銭高の1774円87銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同…