クルマ・バイク

業界別「有給消化率」ランキング、自動車・通信・バイオなど上位 1位は……?

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

「平成」に最も売れた車 時代が変わってもトヨタ「カローラ」「プリウス」の人気は強し

「平成」に最も売れた車 時代が変わってもトヨタ「カローラ」「プリウス」の人気は強し

2019年4月30日に、「平成」という一つの時代が終りを迎えます。この30年間にはどのようなクルマが登場し、人気を博したのか販売台数ランキングをもとに …  くるまのニュース 「平成」に最も売れた車 時代が変わってもトヨタ…https://kuruma-news.jp/post/1204282019年4月30日に、「平成」という一つの時代が終りを迎えます。この30年間にはどのようなクルマが登場し、人気を博したのか販売台数ランキングをもとに振り返ってみましょう。

「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?

「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ・トヨタを超えて1位だった会社は?

自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? … ランキング雑誌などで平均年収が高くないのは、大卒以外も調査対象に入っているから …  ITmedia ビジネスオンライン 「自動車・輸送用機器業界」の平均年収、 ホンダ…http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1809/19/news118.html自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位はブリヂストンの660万円だった。1位は……?

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。  レスポンス(Response.jp) 次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止ま…https://response.jp/article/2018/04/03/308065.htmlプロト総研/カーライフは、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめた。

減速傾向にある中国自動車市場、それでも日系車が「とても好調」な理由=中国メディア

減速傾向にある中国自動車市場、それでも日系車が「とても好調」な理由=中国メディア

世界各国のメーカーが激しい競争を繰り広げる中国の自動車市場。 … そして、このほど発表された18年11月の販売台数ランキングでは「日系車の販売が大幅に …  ニフティニュース 減速傾向にある中国自動車市場、それでも日系車が…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20181223_00023/ 世界各国のメーカーが激しい競争を繰り広げる中国の自動車市場。日系車は品質と信頼性の高さで、中国人消

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

2018年上半期(1~6月)の登録車販売ランキングにおいて、日産車として48年ぶりに「ノート」がトップに立ったというニュース(1970年上半期「サニー」以来)は、 …  日本最大級のクルマ総合情報… 「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180820-10334967-carview/日本市場のハイブリッド車に変化が見えてきた世界的にクルマの電動化が進んでいると言われている。当初は「電動化=100%電気自動車」といった誤解もあったが、欧州発トレンドの電動化はハイブリッド(HEV:Hybrid Electric Vehicle)、プラグインハ