クルマ・バイク

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

投稿日:

同レポートによると、次回欲しい自動車ランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。

-クルマ・バイク

関連記事

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

当初ハイブリッドは“オタク”のクルマとさえ言われ、モーターやバッテリー、コントローラなど、みなさまにとって慣れない部品、コポーネントでご苦労をかけたかもしれません。しかし、それでも選んでもらえたことは、プリウスが世の中のお役に立てたと思っています。自動車業界は100年に一度の変革期を向かえており、自動車は …  レスポンス(Response.jp) 「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケ…https://response.jp/article/2018/03/15/307247.html14日、ディーラー、整備工場、中古車販売などアフターマーケットのプロだけが選ぶ「いいクルマアワード2018」の発表が行われた。同時にイードが運営する「e燃費」の計測データによる実燃費で優れた数値の車種を表彰する「e燃費アワード2017-2018」も発表された。

栄の丸善で書籍「トヨタ物語」トークイベント 自動車関連本の特別フェアも

栄の丸善で書籍「トヨタ物語」トークイベント 自動車関連本の特別フェアも

同店1階では現在、特別フェア「名古屋丸善大学 自動車部」が行われている。社会の中での自動車の形を今一度見直してみるというコンセプトの同フェア。「自動車」を一つの学術対象として捉え、経済学や工学のほか、社会学、歴史学、文学まで、8項目に分けてさまざまな切り口の書籍を計90冊そろえ、産業やツールとしてだけ …  サカエ経済新聞 栄の丸善で書籍「トヨタ物語」トークイベント 自…https://sakae.keizai.biz/headline/2623/栄の「丸善名古屋本店」(名古屋市中区栄3)1階特設会場で3月12日、書籍「トヨタ物語」(日経BP社)の刊行記念トークイベントが開催される。

トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランク

トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランク

コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBARU(スバル)が9位と、トップ10のうち自動車メーカー …  中日新聞 CHUNICHI Web トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランクhttp://www.chunichi.co.jp/s/article/2018021401001665.html コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBA…

2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が22万3449台で総合トップ

2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が22万3449台で総合トップ

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2017年度は本田技研工業「N-BOX」の22万3449台が総合トップ。トヨタ自動車「プリウス」14万9083台、ダイハツ工業「ムーヴ」 …  Car Watch 2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX…https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1115486.html 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2017年度は本田技研工業「N-BOX」の22万3449台が総合トップ。トヨタ自動車「プリウス」14万9083台、ダイハツ工業「ムーヴ」の14万5643台と…

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。