クルマ・バイク

燃費の良い車ランキング、「プリウス」が3年連続首位 – 国交省

投稿日:

普通・小型自動車のうち、最も燃費(JC08モード燃焼値)が良かったのはトヨタ自動車の「プリウス」で3年連続の首位を獲得。燃費は1リットル当たり40.8kmだった。2位はトヨタ自動車の「アクア」で同38.0km、3位は日産自動車の「ノート」と本田技研工業の「アクア」で同37.2kmと続いた。 軽自動車の1位はスズキの「アルト」と …

-クルマ・バイク

関連記事

N-BOX、2年連続首位=2位に大差-上半期新車販売

N-BOX、2年連続首位=2位に大差-上半期新車販売

2018年上半期(1~6月)の新車販売台数(軽自動車含む)の車名別ランキングは、ホンダの軽「N-BOX」が前年同期比20.1%増の12万7548台となり、2年 …  時事ドットコム N-BOX、2年連続首位=2位に大差-上半期新…https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070500495&g=eco 2018年上半期(1~6月)の新車販売台数(軽自動車含む)の車名別ランキングは、ホンダの軽「N-BOX」が前年同期比20.1%増の12万7548台となり、2年連続で首位に立った。2位だったスズキの軽「スペーシア」に1.6倍の差をつけた。トップ10のうち軽は6車種を占めた。 日本自動車販売協会連…

「N-BOX」が首位独走、19車種が1万台超え、「CX-5」がランクイン、最新SKYACTIVエンジンを搭載 ほか

「N-BOX」が首位独走、19車種が1万台超え、「CX-5」がランクイン、最新SKYACTIVエンジンを搭載 ほか

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年3月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。例年、3月は販売台数が多い月で、トップ20の19車種が1万台を超えた。その中でもN-BOXは唯一2万台を大きく超え、首位を独走している。  日経 xTECH(クロステック) 「N-BOX」が首位独走、19車種が1万台超え、「CX-5…http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/at/18/00014/00002/ 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年3月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。例年、3月は販売台数が多い月で、トップ20の19車種が1万台を超えた。その中でもN-BOXは唯一2万台を大きく超え、首位を独走している。

【材料】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シカゴは大阪比95円安の22315円

【材料】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シカゴは大阪比95円安の22315円

またトランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討していることが報じられ、貿易戦争への懸念が強まった。ただし、昨日のFOMC議事録を …  kabutan.jp ADR日本株ランキング~トヨタなど全般冴えない、シ…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201805250033 ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル109.29円換算)でトヨタ<7203>、日東電<6988>が小じっかりな他は、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ブリ…

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なんて関係なかった!=中国メディア

記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るのはいずれも日本車であり、外国車の姿は見受けられないと紹介。「日本人が日本車を愛することについて、多くの人は日本人の愛国心によるものと認識している。しかし、実際それは大した理由ではない。自動車自体が持つ強みによるものなのだ」とし、 …  ニフティニュース 日本人が日本車を好んで乗る理由・・・愛国心なん…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180426_00007/ 中国メディア・今日頭条は23日、「日本人はどうして日本車が好きなのか、愛国主義は大した理由ではなかった」とする記事を掲載した。 記事は、日本国内の自動車売り上げランキングを見ると、トップ10に入るの…

「全固体電池」が13位にランクイン、官民連携で開発進めると報じられ注目度上昇<注目テーマ>

「全固体電池」が13位にランクイン、官民連携で開発進めると報じられ注目度上昇<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全固体電池」がランキング13位にランクインしている。 次世代型電池として引き続き注目されている「全固体電池」だが、この日はきょう付の日本経済新聞で「5月から経済産業省やトヨタ自動車、旭化成、パナソニックといった自動車や素材・電機大手が協力し、全固体 …  みんなの株式 「全固体電池」が13位にランクイン、官民連携で…https://minkabu.jp/news/1488762★人気テーマ・ベスト101 人工知能2 不動産流動化3 セルフレジ4 レアアース5 RPA6 5G7 カジノ関連8 TOPIXコア309 ブロックチェーン10 再生医療 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全固体電池」がランキング13位にランクインしている。 次世代型電池とし…