クルマ・バイク

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

投稿日:

今回で12回目を迎えるe燃費アワードは、イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」ユーザーが投稿した実燃費データを元に、実燃費ランキングおよびカタログ燃費達成率ランキングを作成し、優れた数値を出した車種を表彰するもの。「総合部門」「新型車部門」「ガソリン車部門」「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車 …

-クルマ・バイク

関連記事

ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上の成績を目指す」

ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上の成績を目指す」

ランキングもフェリペ(マッサ/2017年で引退)に次ぐ順位だったんです。3強チームのドライバー以外で表彰台に上ったのは彼だけでしたし、今シーズンはそれ以上のものを目指しています」. 「また、私は … 我々はこのクルマがパフォーマンスランキングにおいて2017年よりも進歩を果たすことを期待している。さらに、技術チーム …  www.topnews.jp ウィリアムズ「進歩を遂げた2018年型車で昨年以上…http://www.topnews.jp/2018/02/16/news/f1/167126.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続でホンダ「N-BOX」

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。それによると、トップは9カ月連続でホンダの「N-BOX」、2位は …  財経新聞 5月の新車販売台数ランキング、トップは9カ月連続…https://www.zaikei.co.jp/article/20180607/446288.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、5月の新車販売台数を発表した。

自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東京商工リサーチ調べ

自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東京商工リサーチ調べ

主な自動車部品関連メーカーの売上高ランキング(最新期、単体決算)は、トップがデンソーで2兆4728億4900万円(前期比1.9%増)だった。2位はトヨタ車体で1 …  レスポンス(Response.jp) 自動車部品関連メーカー、中小企業は増収増益 東…https://response.jp/article/2018/05/15/309665.html東京商工リサーチ(TSR)は5月14日、自動車部品関連メーカー業績動向調査の結果を発表。中小企業4170社の最新期(2016年10月期~2017年9月期)業績は増収増益と、好調に推移している。

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! … 2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と14位(タンク)でそれぞれ個別にはさほど上位ではない。ただ、2 … トヨタにとってはOEM(相手先ブランドによる生産)調達しているクルマだ。  東洋経済オンライン トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由 | 販売…http://toyokeizai.net/articles/-/211781トヨタ自動車が「ルーミー」「タンク」の車名で2016年11月から販売しているコンパクトカー兄弟が、意外なヒットを見せている。2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と1…

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

33業種のうち医薬品、陸運業を除く31業種が下落しており総じて軟調な展開。トランプ米大統領が、安全保障を理由に自動車や自動車部品に追加関税を課す …  みんなの株式 東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ…https://minkabu.jp/news/2116022最新投稿日時:2018/05/24 16:30 – 「東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安」(フィスコ)