クルマ・バイク

燃費基準達成レベル、ドイツ車が上位を独占

投稿日:

各車のJC08モード燃費値をランキング付けしたもので、その上位には当然ハイブリッド車が居並ぶわけだが(電気自動車は対象外)、合わせて国が定める燃費基準を … この基準達成レベルの順位もハイブリッド車が上位を占めるのだが、同省はハイブリッド車を除くクルマランキングも出しており、そこではいきなりドイツ車が …

-クルマ・バイク

関連記事

新型レーダー探知機 おすすめ人気ランキング【2018年最新版】

新型レーダー探知機 おすすめ人気ランキング【2018年最新版】

新型レーダー探知機 おすすめ人気ランキング【2018年最新版】 … レーダー探知機とは、道路を走行する自動車の速度違反取締装置が発するレーダー波を探知し …  MOBY [モビー]|初めて車と出… 新型レーダー探知機 おすすめ人気ランキング【2018…http://car-moby.jp/305675価格もお手頃になり今が買い時と言われているレーダー探知機。最新おすすめ人気ランキングを紹介します。2018年5月時点での最新モデルから、Amazon売れ筋ランキングから人気のある、おすすめのレーダー探知機を10モデルをピックアップしました。2018年最新の新型レーダー探知機の特徴についても解説。

米「JDPower」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由とは?

米「JDPower」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由とは?

日本車の不具合傾向として、クルマのハイテク化に伴い、オーディオ/NAVI関連や運転支援システムに関する不具合が増加しており、J.D.POWERでは今後の …  clicccar.com(クリッカー) 米「J.D.Power」の新車初期品質ランキングで韓国車…https://clicccar.com/2018/06/25/602576/米国のJ.D.POWER(顧客満足度調査会社)が2018年の新車初期品質調査結果を発表しました。この調査は米国市場で2018年モデルの新車を購入した約7.5万人を対象に、購入後3ヶ月間に発生した不具合を分野別に調べたもの。 それによると、韓国ブランドのジェネシス(68)、キア(72)、ヒュンダイ(74)が不具合の少なさで上…

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARUが成長率上位に

インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。海外売上高比率30%以上の企業を対象としたグローバルブランドランキングでは、10年連続でトヨタ自動車が1位だった。ブランド価値の成長率の順では前年比12%増となった任天堂(10位)がトップ。  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 日本企業のブランド価値ランキング 任天堂・SUBARU…https://www.advertimes.com/20180215/article265931/インターブランドジャパンは2月14日、日本企業のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2018」を発表した。

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安

33業種のうち医薬品、陸運業を除く31業種が下落しており総じて軟調な展開。トランプ米大統領が、安全保障を理由に自動車や自動車部品に追加関税を課す …  みんなの株式 東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ…https://minkabu.jp/news/2116022最新投稿日時:2018/05/24 16:30 – 「東証業種別ランキング:輸送用機器が下落率トップ、トヨタ自は3%超安」(フィスコ)