クルマ・バイク

男女別転職人気企業ランキング、1位は?

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

自動運転業界ランキング:トヨタ自動車は9位、1位は? 米調査会社がトップ20発表

自動運転業界ランキング:トヨタ自動車は9位、1位は? 米調査会社がトップ20発表

米調査会社のNavigant Research(ナビガント・リサーチ)が2019年3月、2019年第1クォーターの報告として「2019自動運転車リーダーボード」を発表した。20社( …  自動運転ラボ トヨタ自動車は9位、1位は?自動運転業界ランキン…https://jidounten-lab.com/u_autonomous-ranking-toyota-9-1米調査会社のNavigant Research(ナビガント・リサーチ)が2019年3月、2019年第1クォーターの報告として「2019自動運転車リーダーボード」を発表した。20社(組)の大手自動運転システム開発会社を対象に市場戦略や生産戦略、マーケティング、製品の機能や信頼性など10項目にわたる評価を行い、ランク付けしたもの。日本…

自動車保険から支払われた保険金に税金はかかる?

自動車保険から支払われた保険金に税金はかかる?

交通事故には遭わないに越したことはない。しかし、事故に遭って(あるいは起こして)しまい、自動車保険から保険金が支払われたら、そのお金には税金がかかるのだろうか。原則的には、受け取る保険金には税金はかからない。交通事故などによって受けた損害を補償するものに対しては利益(収入)ではないためだ。ただし、 …  CS RANKING 自動車保険から支払われた保険金に税金はかかる? …https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2107045/受け取った自動車保険の税金は? 交通事故には遭わないに越したことはない。しかし、事故に遭って(あるいは起こして)しまい、自動車保険から保険金が支払われたら、そのお金には税金がかかるのだろうか。原則的には、受け取る保険金には税金は…

“クルマ好き”が選ぶミニバンはどれ!? アルファード・ヴェルファイア/デリカD:5/セレナ/ステップワゴン

“クルマ好き”が選ぶミニバンはどれ!? アルファード・ヴェルファイア/デリカD:5/セレナ/ステップワゴン

一般的にクルマ好きはスポーティなクルマを選ぶイメージがあり、ミニバンは … 実際に売れた車種とクルマ好きの選ぶランキングとの差異を見るのは面白いのでは … ちなみに自動車販売協会連合会の統計データによると、2019年上半期(1-6月)の …  MOTA(旧オートックワン) “クルマ好き”が選ぶミニバンはどれ!? アルファー…https://autoc-one.jp/toyota/alphard/special-5004976/一般的にクルマ好きはスポーティなクルマを選ぶイメージがあり、ミニバンはファミリーカー・・・そんなイメージはありませんか?そんな中、クルマ好きはどんなミニバンはどれを選ぶのか気になりますよね。実際に売れた車種とクルマ好きの選ぶランキングとの差異を見るのは面白いのではないでしょうか。そこでクル…

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…

10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速

10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速

… 背景に、4~9月期に比べ利益の伸びが鈍る企業が相次いだ。10~12月期で純利益の前年同期比減少率をランキングしたところ、自動車関連が上位に並んだ。  日本経済新聞 電子版 10~12月期の純利益減少率 製造業、米中で失速https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41590580R20C19A2DTA000/トヨタ、日産、ホンダがそろって急ブレーキ――。2018年4~12月期決算では中国の景気減速などを背景に、4~9月期に比べ利益の伸びが鈍る企業が相次いだ。10~12月期で純利益の前年同期比減少率をラン