クルマ・バイク

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

投稿日:

いまのところ自販連の通称名別販売台数ランキングや、全軽自協(全国軽自動車協会 … ディーラー名義などでの自社登録(軽自動車は届け出)を行ったり、カーシ … としてカウントしたクルマは、早くて半年ぐらいと短期間で中古車や登録(軽自動車は …

-クルマ・バイク

関連記事

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「ノート」(約13.8万台)や3位のトヨタ「アクア」(約13.1万台)などを抑え、2年連続でトップに立った。月販平均台数は約1万3400台で、 …  東洋経済オンライン 「プリウス」が絶対王者ではなくなった理由 | 販売・…http://toyokeizai.net/articles/-/210427トヨタ自動車「プリウス」。エンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)の代名詞的存在であり、トヨタの国内販売を支える基幹車種の1つだ。2015年末に登場した現行4代目はカタログ値ながら最高40km/L…

佐藤琢磨、今季初優勝 自動車のインディカー

佐藤琢磨、今季初優勝 自動車のインディカー

【ニューヨーク=共同】自動車のインディカー・シリーズ第16戦は2日、米オレゴン州ポートランドで決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)が今季初優勝を飾った。昨年5 …  日本経済新聞 電子版 佐藤琢磨、今季初優勝 自動車のインディカーhttps://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10006_T00C18A9000000/ 【ニューヨーク=共同】自動車のインディカー・シリーズ第16戦は2日、米オレゴン州ポートランドで決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)が今季初優勝を飾った。昨年5月に伝統のインディアナポリス500マイル(イ

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したと …  ライブドアニュース 7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が…http://news.livedoor.com/article/detail/15214919/2017年に7年ぶりに日本市場へ復活を遂げたホンダの「シビック」。コンパクトカーが売れ筋のホンダ車の中で、新車販売ランキング37位と健闘。一方で電動化への道筋が見えず将来的な不安が残っている、と筆者は述べた

佐藤琢磨は5位 自動車インディカー第7戦

佐藤琢磨は5位 自動車インディカー第7戦

自動車のインディカー・シリーズ第7戦は2日、米デトロイトで決勝が行われ、佐藤 … 錦織圭(日清食品)は1日、世界ランキング65位のジル・シモン(フランス)を …  日本経済新聞 電子版 佐藤琢磨は5位 自動車インディカー第7戦https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00064_T00C18A6000000/ 自動車のインディカー・シリーズ第7戦は2日、米デトロイトで決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)は5位だった。スコット・ディクソン(ニュージーランド)が今季初勝利、通算42勝目を挙げた。〔共同〕

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。  投信1 LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム …http://www.toushin-1.jp/articles/-/5671青色・白色LEDを世界に先駆けて事業化し、LED業界の拡大を長年牽引してきた日亜化学工業。その売上高首位の座にドイツのオスラム オプトセミコンダクターズがひたひたと迫っている。