クルマ・バイク

石浦、ランキング意識し予選戦う「王者争いを考えると正念場だった」

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位

ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリウスが3カ月連続1位 … 安定した人気を誇る、トヨタ自動車のハイブリッドカーの看板ブランドである。1997年登場、 …  財経新聞 ユーカーパック「車査定申込数ランキング」、プリ…https://www.zaikei.co.jp/article/20180726/455950.html車買取オークション「ユーカーパック」を運営するUcarPAC社の発表によると、2018年6月度の査定申込み車種ランキング1位はトヨタのプリウスであり、3カ月連続での1位を達成したという。

2019年上半期 普通乗用車、過去最高の販売 なぜ? 「2019年6月に売れた日本車」

2019年上半期 普通乗用車、過去最高の販売 なぜ? 「2019年6月に売れた日本車」

一方、5ナンバー登録の小型乗用車は同3.8%減(66万1078台)にとどまっており、コンパクトで経済的なクルマを求めるユーザーは軽自動車に移行しつつあるよう …  日本最大級のクルマ総合情報… 2019年上半期 普通乗用車、過去最高の販売 なぜ…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190709-10426415-carview/Q:2019年上半期は、普通乗用車が同期比で過去最高の83万5224台の販売台数を記録。その要因は?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:人気の新型車、具体的にはSUVやハイブリッドなどのニューモデルにおいて、3ナンバー登録…

キャリコネ、自動車業界「仕事にやりがいを感じる企業」発表

キャリコネ、自動車業界「仕事にやりがいを感じる企業」発表

グローバルウェイが運営する企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は、「自動車・輸送用機器業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング」を発表した。  WorkMaster(ワークマスター… キャリコネ、自動車業界「仕事にやりがいを感じる…https://www.work-master.net/2019159566グローバルウェイが運営する企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は、「自動車・輸送用機器業界の“仕…

いまや希少なハイパワーセダンが勢揃い! 国産セダン・パワーウェイトレシオランキングTOP5

いまや希少なハイパワーセダンが勢揃い! 国産セダン・パワーウェイトレシオランキングTOP5

そこで、現行モデルの国産セダンで、優れたパワーウェイトレシオを誇るクルマTOP5を、ランキング形式で紹介します。 ○1位 レクサス「GS F」パワーウェイト …  くるまのニュース いまや希少なハイパワーセダンが勢揃い! 国産セダ…https://kuruma-news.jp/post/153764車重が重い場合、出力が高くても相殺されてしまうことから、決してハイパフォーマンスとはいえません。動力性能を推し量る指標のひとつに車両重量/最高出力の比率である「パワーウェイトレシオ」があります。そこで、国産セダンでパワーウェイトレシオが優れたクルマTOP5を紹介します。

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 …  東洋経済オンライン 「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車https://toyokeizai.net/articles/-/212737トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…