クルマ・バイク

石浦、ランキング意識し予選戦う「王者争いを考えると正念場だった」

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査ランキングは大変動!~子・孫への期待感が表面化~

第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査ランキングは大変動!~子・孫への期待感が表面化~

(1)ランキングトップ20は前回との順位に大きな変動が目立つ「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング」のランキング1位は「地方公務員」(回答率17.0%)でした。次いで2位「国家公務員」(同16.6%)、3位「トヨタ自動車」(同9.0%)となりました。以下4位「パナソニック」(同5.0%)、5位「グーグル(Google)」(同4.4%)、6位「 …  SankeiBiz(サンケイビズ) 第7回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調…http://www.sankeibiz.jp/business/news/180419/prl1804191302059-n1.htm与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第7回「お子さん/お孫さん…

関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅

関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅

当時、250ccのバイクに乗っていたが、「その時千ccのハーレーダビッドソンに追い抜かれ“いつかオレもハーレー買うぞ!”と思ったんですよ」と若かりし頃のほろ苦い体験を吐露。 独身の2人は「デートで行きたい街ランキング」の項目で、(1)神戸三宮(2)梅田(3)嵐山などの結果を発表した。 水田さんは「以前から女優の竹内結子 …  www.nnn.co.jp 関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅 – 大…http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180326/20180326022.html

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

【特集】アップル Research Memo(2):グループ企業連携と外部企業との協業を進める

国内外において、いすゞ自動車製の中古商用車の買取・流通・輸出で協働することになる。海外では、タイ … ただし、同子会社の台数には二輪車が入っておらず、トップの企業のシェアにはバイクが含まれている。 … 2017年調査のオリコン日本顧客満足度ランキングにおいて、クルマ買取会社部門で4年連続の第1位を獲得した。  kabutan.jp アップル Research Memo(2):グループ企業連携と…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806130540■会社及び事業概要1. 会社概要アップルインターナショナル<2788>は1996年に、中古車輸出のパイオニアとして東南アジア諸国への中古車輸出事業を開始した。その後、中古車買取・販売事業に加えて、オートオークション事業を行うなど自動車流通市場の一翼を担うに至った・・・。

新車登録ランキング、アクア 6か月ぶりのトップも1万台に届かず 4月車名別

新車登録ランキング、アクア 6か月ぶりのトップも1万台に届かず 4月車名別

日本自動車販売協会連合会は5月8日、4月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。改良モデルを発売したトヨタ『アクア』が6か月ぶりのトップとなった。  レスポンス(Response.jp) 新車登録ランキング、アクア 6か月ぶりのトップも1…https://response.jp/article/2018/05/08/309413.html日本自動車販売協会連合会は5月8日、4月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。改良モデルを発売したトヨタ『アクア』が6か月ぶりのトップとなった。

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケットのプロが選ぶベストなクルマは?

当初ハイブリッドは“オタク”のクルマとさえ言われ、モーターやバッテリー、コントローラなど、みなさまにとって慣れない部品、コポーネントでご苦労をかけたかもしれません。しかし、それでも選んでもらえたことは、プリウスが世の中のお役に立てたと思っています。自動車業界は100年に一度の変革期を向かえており、自動車は …  レスポンス(Response.jp) 「いいクルマアワード2018」発表! アフターマーケ…https://response.jp/article/2018/03/15/307247.html14日、ディーラー、整備工場、中古車販売などアフターマーケットのプロだけが選ぶ「いいクルマアワード2018」の発表が行われた。同時にイードが運営する「e燃費」の計測データによる実燃費で優れた数値の車種を表彰する「e燃費アワード2017-2018」も発表された。