クルマ・バイク

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

投稿日:

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …

-クルマ・バイク

関連記事

自動車SNSの「みんカラ」が「パーツオブザイヤー2018上半期大賞」を発表

自動車SNSの「みんカラ」が「パーツオブザイヤー2018上半期大賞」を発表

株式会社カービューが運営する自動車専門SNSサイト「みんカラ(みんなのカーライフ)」では、人気の自動車パーツや用品をランキング形式でチェックできる「 …  日本最大級のクルマ総合情報… 自動車SNSの「みんカラ」が「パーツオブザイヤー20…https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180615-10318199-carview/株式会社カービューが運営する自動車専門SNSサイト「みんカラ(みんなのカーライフ)」では、人気の自動車パーツや用品をランキング形式でチェックできる「みんカラ パーツオブザイヤー2018上半期大賞」を特設ページで発表した。みんカラの人気コーナーである「パーツレビ

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…

米「JDPower」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由とは?

米「JDPower」の新車初期品質ランキングで韓国車が上位を独占した理由とは?

日本車の不具合傾向として、クルマのハイテク化に伴い、オーディオ/NAVI関連や運転支援システムに関する不具合が増加しており、J.D.POWERでは今後の …  clicccar.com(クリッカー) 米「J.D.Power」の新車初期品質ランキングで韓国車…https://clicccar.com/2018/06/25/602576/米国のJ.D.POWER(顧客満足度調査会社)が2018年の新車初期品質調査結果を発表しました。この調査は米国市場で2018年モデルの新車を購入した約7.5万人を対象に、購入後3ヶ月間に発生した不具合を分野別に調べたもの。 それによると、韓国ブランドのジェネシス(68)、キア(72)、ヒュンダイ(74)が不具合の少なさで上…

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同7・33%高となった。 主なゴム … ニチリンの17年12月期は、国内自動車販売の回復に加え、輸出向けも堅調に推移したことで、主力の自動車用ゴムホースの販売が拡大し、売上高、利益とも2桁の伸び.  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高…http://www.gomutimes.co.jp/?p=127697 3月26~30日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面高の展開となり、前週末比で30社が上昇、1社が下落した。3月30日のゴム平均は、前週末比73円26銭高の1774円87銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同…

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

さらに全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計を含めた、含軽統計では、2017年度での総合販売ナンバーワンがホンダ「N-BOX」になっている。軽自動車を含んだ統計ではもちろん、軽自動車を除いた登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングでも「2017年度にもっとも売れたクルマ」にはなれなかったのである。  東洋経済オンライン 日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/215498日産自動車のコンパクトカー「ノート」が国内新車市場で快走している。日産は4月5日、ノートが「2017年度国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得」という題名のニュースリリースを発信した。リリースによると、20…