クルマ・バイク

米国の自動車耐久品質調査でレクサスが8年連続1位

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

マルケス、連勝飾るも「バイクには何かが足りなかった」と予想通りの苦戦認める/MotoGPスペイン決勝

マルケス、連勝飾るも「バイクには何かが足りなかった」と予想通りの苦戦認める/MotoGPスペイン決勝

第4戦スペインGPで優勝を飾ったレプソル・ホンダのマルク・マルケスは、この週末は苦戦していたことを認め、バイクには何かが足りていなかったと語った。  日本最大級のクルマ総合情報… マルケス、連勝飾るも「バイクには何かが足りなか…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180507-10307779-carview/ 第4戦スペインGPで優勝を飾ったレプソル・ホンダのマルク・マルケスは、この週末は苦戦していたことを認め、バイクには何かが足りていなかったと語った。 前戦アメリカズGPで圧巻の6年連続優勝を飾ったマルケスは、続くスペインGPでも5番手から猛追を見せ、今シーズン

軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独占 【マーケット概況・10月】

軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独占 【マーケット概況・10月】

さらに軽商用車部門についても「ホンダ N-VAN」のヒットなどで前年比2ケタ増となり、結果、軽自動車全体では15万7438台に達し、10月の過去最高を記録した。  日本最大級のクルマ総合情報… 軽の販売台数が10月度過去最高。ランキング上位独…https://carview.yahoo.co.jp/article/market/20181119-20104497-carview/10月の新車販売は、前年比12.5%増の41万8992台に達し、2ヶ月ぶりにプラスに転じた。一方、年度後半の初月となる10月は例年台数が減少傾向にあり、今年も前月比15.2%減となった。10月の特に目立った動きとしては、小型乗用車(5ナンバー車)が13ヶ月ぶり…

<最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録「1950s-60s国産車アルバム」ほか、マツダCX-30 …

<最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録「1950s-60s国産車アルバム」ほか、マツダCX-30 …

ランキング」など内容充実<3月20日> … 戦後の復興とともに欧米のクルマ造りを学ぶことから始まった日本の自動車産業。1955年、通産省(当時)が発表した「 …  driver-box.yaesu-net.co.jp <最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録…http://driver-box.yaesu-net.co.jp/new-article/15384/

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。 2016年8月、「 …  東洋経済オンライン 日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力 | 西村直…http://toyokeizai.net/articles/-/213602今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格とい…

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …  みんなの株式 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://minkabu.jp/news/2161174最新投稿日時:2018/07/19 12:21 – 「「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>」(minkabuPRESS)