クルマ・バイク

自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?

投稿日:

なお、プリウスは車上荒らしにも遭いやすい自動車でもあります。2016年から2年連続でランキング1位となっているのです。プリウスの場合、三角窓を割って車内に侵入する事件が多いので、特に衝撃に対する警報機などが有効でしょう。 また、スマートキーはクルマから発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステムで、 …

-クルマ・バイク

関連記事

【販売ランキング】N-BOXが上半期販売首位! 登録車1位のノートは全体で何位?

【販売ランキング】N-BOXが上半期販売首位! 登録車1位のノートは全体で何位?

一方、日産もノートが登録車における販売ランキング1位を獲得したと発表した。ともに軽自動車、登録車で圧倒的な販売を誇る人気車だが、軽自動車を含めると …  日本最大級のクルマ総合情報… 【販売ランキング】N-BOXが上半期販売首位! 登録…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180706-10323623-carview/ バカ売れが止まらない! ホンダは2018年7月5日、N-BOXの2018年上半期(1~6月)の販売台数が12万7548台を記録し、登録車を含む車種別販売台数1位を獲得したと発表。一方、日産もノートが登録車における販売ランキング1位を獲得したと発表した。ともに

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

e燃費アワードはe燃費のユーザーが投稿した実燃費データをもとに、燃費に優れたクルマをランキング形式で表彰するもので、今回で12回目を迎える。 e燃費の吉田凌マネージャーは「e燃費アワードは総合部門のほかに、新型車、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、軽自動車、輸入車、カタログ燃費達成率の8部門で …  レスポンス(Response.jp) イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果…https://response.jp/article/2018/03/14/307231.htmlイードは3月14日に東京ビッグサイトで開幕した第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE2018)で、『e燃費アワード2017-2018』結果の詳細報告および、アワード選定のデータ源となるマイカー燃費管理サービス「e燃費」を紹介展示している。

日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車トップ。1970年上半期「サニー」以来48年ぶり

日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車トップ。1970年上半期「サニー」以来48年ぶり

日産自動車は7月5日、「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で7万3380台を記録して、国内登録車販売ランキング(軽自動車を除く)で1位を …  Car Watch 日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車…https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131449.html 日産自動車は7月5日、「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で7万3380台を記録して、国内登録車販売ランキング(軽自動車を除く)で1位を獲得したと発表した。1970年上半期の「サニー」以来、日産車として48年ぶりの国内登録車No.1という。

企業ブランド価値でトヨタが自動車トップをキープ…スバルは初のトップ100入り

企業ブランド価値でトヨタが自動車トップをキープ…スバルは初のトップ100入り

… は10月4日、独自集計したグローバルのブランド評価ランキングトップ100を発表した。 … 日本勢ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、キヤノン、ソニー、パナソニックの常連 … トヨタは前年に続く7位で、自動車セクタートップもキープした。 … 逆に海外に行った時に、それがあるからスバルや日産のクルマを買うのをやめるか …  レスポンス(Response.jp) 企業ブランド価値でトヨタが自動車トップをキープ……https://response.jp/article/2018/10/04/314708.html米ブランディング会社のインターブランドは10月4日、独自集計したグローバルのブランド評価ランキングトップ100を発表した。それによるとアップルとグーグルが6年連続のワン・ツー・フィニッシュとなった。

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

それによると、1位はトヨタ自動車で17年比5.65%増の243万円、2位はソニーで同17.54%増の237万8500円、3位がホンダで同5.51%増の235万5000円。 このほか、自動車関連 … 毎年、同様の支給額ランキングが発表されるが、各社の平均年齢にしても大きな差があることから単純に比較はできない。ただ、業績が好調だっ …  レスポンス(Response.jp) 2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位…https://response.jp/article/2018/04/16/308563.html安倍内閣の支持率が危険水域ぎりぎりの30%台に低下したことも、セリーグ最速の10敗に到達し,最下位でもがく巨人も気掛かりだが、働くサラリーマンにとって最も気になるのは懐具合。