クルマ・バイク

自動車保険のイーデザイン損保が、専門家が選んだ自動車保険ランキングで5年連続1位

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

4~9月 軽の新車販売、トップブランドは? 「2018年9月に売れた日本車」

4~9月 軽の新車販売、トップブランドは? 「2018年9月に売れた日本車」

トップ 中古車 カタログ 車買取 ニュース 編集記事 バイク … 軽自動車のブランド別では、新型ジムニーを投入したスズキが速報値で前年同月比5.7%増(5万3657台)を記録し、2カ月連続でのトップにつく。 … 月間の乗用車の車名別ランキングでは、“軽高登低” の傾向が続いている。 … 2018年 4~9月期 このクルマが売れた  日本最大級のクルマ総合情報… 4~9月 軽の新車販売、トップブランドは? 「2018…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181005-10348093-carview/Q:上半期(4月~9月)の軽自動車販売、トップに立ったブランドは?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:前年同期比6.8%増の28万4174台(速報値)を達成したスズキ。ダイハツを凌駕して3年ぶりの首位に。新型に移行したスペーシアやジムニーなど

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動車の業績に異変

2017年の世界販売ランキングで、ルノー・日産・三菱自連合は1,060万8,366台(前年比6.5%増)とトヨタグループの1,038万6,000台を抜き、トップを走るフォルクスワーゲン(VW)グループの1,074万1,500台に迫る2位の座を確保した。 ゴーン氏は、3社の会長とルノーの社長・CEOを兼務しており、三菱自動車の約100万台を …  マイナビニュース ゴーン氏最後の野望「世界覇権」に暗雲? 日産自動…https://news.mynavi.jp/article/20180214-nissan/2017年のグローバル販売でトヨタを抜いて世界2位となった日産・ルノー・三菱自動車の3社連合。トップのゴーン氏にとって、世界覇権が現実味を増してきたように思える状況だが、アライアンスの中核をなす日産の現状は心配の種となっているかもしれない。

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203.T>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体 …  ニフティニュース 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://news.nifty.com/article/economy/stock/12217-1473923/★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ 2 5G 3 ドローン 4 人工知能 5 ICタグ 6 全固体電池 7 RPA 8 ブロックチェーン 9 再生医療 10 量子コンピューター みんなの株式と株探…

最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト

最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト

またミルは現在Moto2ライダーであるため、MotoGPバイクのテスト参加に制限はない。彼はMoto2クラスのランキング6位につけて、最終戦を迎えている。  jp.motorsport.com MotoGPニュース|MotoGP最高峰クラス昇格のジョア…https://jp.motorsport.com/motogp/news/Mir-made-Suzuki-debut-in-secret-Motegi-test/3215586/来季MotoGPに昇格するジョアン・ミルは、ツインリンクもてぎで行われたスズキの開発テストにて、一足先にGSX-RRを走らせていたことがわかった。

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…