クルマ・バイク

自動車SNSの「みんカラ」が「パーツオブザイヤー2018上半期大賞」を発表

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 …  東洋経済オンライン 「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車https://toyokeizai.net/articles/-/212737トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…

低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名別

低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、7月の車名別新車販売台数(速報) … 7月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名…https://response.jp/article/2018/08/06/312809.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、7月の車名別新車販売台数(速報)を発表。『N-BOX』が前年同月比35.6%増の1万9668台で11か月連続トップとなるなど、軽自動車勢がトップ3を独占した。

2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が22万3449台で総合トップ

2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が22万3449台で総合トップ

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2017年度は本田技研工業「N-BOX」の22万3449台が総合トップ。トヨタ自動車「プリウス」14万9083台、ダイハツ工業「ムーヴ」 …  Car Watch 2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX…https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1115486.html 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2017年度は本田技研工業「N-BOX」の22万3449台が総合トップ。トヨタ自動車「プリウス」14万9083台、ダイハツ工業「ムーヴ」の14万5643台と…

日本の研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に関与 日経調査

日本の研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に関与 日経調査

ランキングは1位トヨタ自動車(1兆800億円)、2位ホンダ(7900億円)、3位日産自動車(5400億円)、4位デンソー(4950億円)、5位パナソニック(4900億円)、6位 …  自動運転ラボ 驚愕…研究開発費トップ10、全企業がAI自動運転に…https://jidounten-lab.com/w_4512日本経済新聞社がまとめた2018年度の「研究開発活動に関する調査」で、主要企業の43.9%が過去最高の研究開発費を計上していることが分かった。とりわけ上位10社全てがAI(人工知能)や自動運転の開発に携わっており、製造業における研究開発の中心が次世代技術をはじめとする新産業分野に移行していることが顕著に表れ…

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…