クルマ・バイク

自動運転ラボ、2019年に読まれた「解説記事」ランキング

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

<最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録「1950s-60s国産車アルバム」ほか、マツダCX-30 …

<最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録「1950s-60s国産車アルバム」ほか、マツダCX-30 …

ランキング」など内容充実<3月20日> … 戦後の復興とともに欧米のクルマ造りを学ぶことから始まった日本の自動車産業。1955年、通産省(当時)が発表した「 … driver-box.yaesu-net.co.jp<最新号>ドライバー2019年5月号が発売。別冊付録…

新車販売総合、トップ5は2か月連続で軽自動車が独占 11月車名別

新車販売総合、トップ5は2か月連続で軽自動車が独占 11月車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、11月の車名別新車販売台数( … 11月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。 レスポンス(Response.jp)新車販売総合、トップ5は2か月連続で軽自動車が独…日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、11月の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』を筆頭に、2か月連続でトップ5を軽自動車勢が独占した。

日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車が11年連続首位!

日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車が11年連続首位!

ブランドコンサルティングを手掛けるインターブランドジャパンが2月14日、グローバルに展開する日本企業のブランド価値ランキング「Japanʼs Best Global … clicccar.com(クリッカー)日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車…ブランドコンサルティングを手掛けるインターブランドジャパンが2月14日、グローバルに展開する日本企業のブランド価値ランキング「Japanʼs Best Global Brands 2019」を発表しました。

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

年間におけるIC区間別の渋滞ランキングのトップは、中央自動車道の調布~高井戸間で、渋滞損失時間は139万人・時間で昨年2位から順位を上げた。昨年1位だった東名高速道路の海老名JCT~横浜町田間は123万人・時間で2位。順位が変わらずの3位は東名高速道路の東名川崎~東京の115万人・時間。4位は昨年7位 … 財経新聞高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~…国土交通省の発表によると、高速道路や都市高速道路、直轄国道で発生する渋滞によって、年間合計で17.4億人・時間が失なわれていることが分かった。

2018年の自動車系キーワード、プレスリリース登場数ランキング 自動運転、コネクテッドカー、CASE …

2018年の自動車系キーワード、プレスリリース登場数ランキング 自動運転、コネクテッドカー、CASE …

空飛ぶクルマ実現への5つの壁…基礎解説&開発企業まとめ AIや自動運転の技術活用、トヨタ自動車や日産も参入? 自動運転ラボプレス発表登場回数、1位は「自動運転」667回 2018…さまざまなニュースで溢れかえった2018年。自動運転分野では、コネクテッドカーやライドシェア、MaaSなどといった特定のキーワードが多く飛び交い、少しずつ社会に浸透していくさまが見て取れた。そこで今回は、プレスリリース・ニュースリリース配信サービスを手掛ける「PR TIMES」を活用し、自動運転にちなんだキーワ…