クルマ・バイク

被害者なのに「過失」が発生? 自動車保険の補償バランスとは

投稿日:

しかし、自動車同士の事故では、たとえこちらが被害者でも過失が発生するケースがある。また、こちらが歩行者や自転車という場合も同様で、歩道からはみ出していたり、急な飛び出しがあったりなどした場合、過失を問われるケースはある。過失があった場合、その割合によって過失相殺(事故当事者の過失割合に基づいて、 …

-クルマ・バイク

関連記事

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブシステムズ

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブシステムズ

株式会社パテント・リザルトは2018年6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として …  ドリームニュース 【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2017 ト…http://www.dreamnews.jp/press/0000175797/株式会社パテント・リザルトは2018年6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめました。

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~高井戸間 国交省発表

年間におけるIC区間別の渋滞ランキングのトップは、中央自動車道の調布~高井戸間で、渋滞損失時間は139万人・時間で昨年2位から順位を上げた。昨年1位だった東名高速道路の海老名JCT~横浜町田間は123万人・時間で2位。順位が変わらずの3位は東名高速道路の東名川崎~東京の115万人・時間。4位は昨年7位 …  財経新聞 高速の年間渋滞ランキング、1位は中央高速の調布~…https://www.zaikei.co.jp/article/20180404/435504.html国土交通省の発表によると、高速道路や都市高速道路、直轄国道で発生する渋滞によって、年間合計で17.4億人・時間が失なわれていることが分かった。

N-BOX、8カ月連続トップ=4月の新車販売ランキング

N-BOX、8カ月連続トップ=4月の新車販売ランキング

4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万9884台で8カ月連続のトップとなった。昨年発売 …  時事ドットコム N-BOX、8カ月連続トップ=4月の新車販売ラ…https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050800564&g=eco 4月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万9884台で8カ月連続のトップとなった。昨年発売された軽ワゴンの新型車効果で、1位から4位まで軽が占めた。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日発表した。 軽はスライドド…

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果を発表した。JDパワーが品質調査 … 高級車を含む全体ブランド(31)ランキングでも起亜車は5位、現代車は6位となった。2017年耐久品質調査で全体ブランドランキングは起亜車が11位、現代車が6位だった。 耐久品質調査は …  japanese.joins.com 起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超…http://japanese.joins.com/article/756/238756.html現代・起亜自動車が米国の車両耐久品質評価で優秀な成績を上げた。特に、起亜車は韓国自動車歴史上、最高の成績を記録した。米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果..

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…