クルマ・バイク

軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売ランキング

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

【アルファロメオ・ザウバー】フェラーリの秘蔵っ子ルクレール「クルマは良いしポイントも獲れて満足だよ!」

【アルファロメオ・ザウバー】フェラーリの秘蔵っ子ルクレール「クルマは良いしポイントも獲れて満足だよ!」

【アルファロメオ・ザウバー】フェラーリの秘蔵っ子ルクレール「クルマは良いし … 【ポイントランキング表】アロンソ、後退/2018年F1第8戦フランスGP決勝レース終了 …  www.topnews.jp 【アルファロメオ・ザウバー】フェラーリの秘蔵っ…http://www.topnews.jp/2018/06/25/news/f1/171615.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット に競り勝つ…e燃費アワード2017-18

今回で12回目を迎えるe燃費アワードは、イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」ユーザーが投稿した実燃費データを元に、実燃費ランキングおよびカタログ燃費達成率ランキングを作成し、優れた数値を出した車種を表彰するもの。「総合部門」「新型車部門」「ガソリン車部門」「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車 …  レスポンス(Response.jp) 燃費ランキング、新型車部門は アクア が フィット…https://response.jp/article/2018/03/14/307233.htmlイードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は3月14日、実燃費とカタログ燃費達成率の優秀車種をランキング形式で8部門表彰する「e燃費アワード2017-2018」を発表。総合部門でトヨタ『プリウス』が連覇を達成した。

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

さらに全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計を含めた、含軽統計では、2017年度での総合販売ナンバーワンがホンダ「N-BOX」になっている。軽自動車を含んだ統計ではもちろん、軽自動車を除いた登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングでも「2017年度にもっとも売れたクルマ」にはなれなかったのである。  東洋経済オンライン 日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/215498日産自動車のコンパクトカー「ノート」が国内新車市場で快走している。日産は4月5日、ノートが「2017年度国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得」という題名のニュースリリースを発信した。リリースによると、20…

高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは東名上り「御殿場~大井松田」、損失した時間は837 …

高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは東名上り「御殿場~大井松田」、損失した時間は837 …

国土交通省は、2017年の年間およびゴールデンウィーク期間(2017年4月28日~5月7日)の高速道路の渋滞ランキングを発表した。それによると、2017年ゴールデンウィーク期間の高速道路渋滞ワーストは、前年と同じくE1 東名高速道路 (上り)御殿場~大井松田。2位はE23 東名阪自動車道(上り)亀山JCT~鈴鹿、3位 …  トラベルボイス 高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは…https://www.travelvoice.jp/20180427-108816国土交通省が2017年の年間およびゴールデンウィーク期間の渋滞ランキングを発表。2017年ゴールデンウィーク期間の高速道路渋滞ワーストは、前年と同じくE1 東名高速道路 (上り)御殿場~大井松田。年間ワーストはE20 中…

転職するなら業績好調な自動車業界!?人気企業1位はトヨタ自動車

転職するなら業績好調な自動車業界!?人気企業1位はトヨタ自動車

パーソルキャリアが運営する転職サービスDODA(デューダ)が、22~59歳の会社員約6,000人を対象に調査した「転職人気企業ランキング2018」によると、 …  SANSPO.COM 転職するなら業績好調な自動車業界!?人気企業1…http://www.sanspo.com/geino/news/20180612/eco18061218420007-n1.html パーソルキャリアが運営する転職サービスDODA(デューダ)が、22~59歳の会社員約6,000人を対象に調査した「転職人気企業ランキング2018」によると、昨年に続きトヨタ自動車(1位)とグーグル(2位)が圧倒的な支持を集め、3位以下の企業に大きな差をつけています。