クルマ・バイク

軽自動車の選び方・注意点【購入ガイド】おすすめ全21選

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! … 2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と14位(タンク)でそれぞれ個別にはさほど上位ではない。ただ、2 … トヨタにとってはOEM(相手先ブランドによる生産)調達しているクルマだ。  東洋経済オンライン トヨタ「ルーミー/タンク」が大健闘する理由 | 販売…http://toyokeizai.net/articles/-/211781トヨタ自動車が「ルーミー」「タンク」の車名で2016年11月から販売しているコンパクトカー兄弟が、意外なヒットを見せている。2017年の軽自動車を除く乗用車ブランド通称名別販売ランキングは、11位(ルーミー)と1…

岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な“掟”を告白

岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な“掟”を告白

この日、“2017年つきあいたいミュージシャンランキング1位”と紹介された岩田。街頭で行われたインタビューで、若い人たちから「EXILEは上下関係が厳しそうだけど、先輩は怖いの?」と質問されると「入った当初は怖すぎてヤバかったです」と返答した。 それを受けてMCの東野幸治(50)が「“HIROくん”みたいな感じじゃないの …  日刊大衆 岩田剛典「バイクもサーフィンもダメ」LDHの意外な…https://taishu.jp/articles/-/588454月4日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、三代目J Soul Brothersの岩田剛典(29)がゲスト出演。所属事務所であるLDHの厳しいルールについて明かす場面があった。 この日、“2017年つきあいたいミュージシャン…

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO]

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO]

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO] … 前日比 レバレッジ 原資産騰落率(前日比)1 トヨタ自動車 コール (7,500円) +66.25% 13.46 +3.70%2 …  klug-fx.jp Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)…http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=429760■eワラント売れ筋トップ10(2018/05/09 15:10現在)順位 銘柄名(権利行使価格) 前日比 レバレッジ 販売価格1 スズキ コール (7,500円) -14.17% 8.70 1.26円2 JIG-SAW コール (5,000円) -12.64% 5.83 0.81円3 塩野義製薬 コール (6,000円) -25.77% 8.20 1.35円

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・スーパーカブ110。 バイクライフ研究所調べ

今回のランキングでは、トップ10のうち8車種が2017年に発売されたモデル。 昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーモデルの台頭、また多数の従来モデルの生産終了などバイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも様変わり。全般的に上記のような変化を反映した結果となったのが特徴だ。  motor-fan.jp 「売却した際に最も高値の付くバイク」はホンダ・…https://motor-fan.jp/article/10003744バイクの買い取りでおなじみ「バイク王」が展開する「バイクライフ研究所」が、『売却した際に高値の付くバイク=リセール・プライスの高いバイク』の上位10車種を発表。「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得した。(REPORT:北秀昭)

トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランク

トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランク

コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBARU(スバル)が9位と、トップ10のうち自動車メーカー …  中日新聞 CHUNICHI Web トヨタが10年連続の1位 ブランド価値ランクhttp://www.chunichi.co.jp/s/article/2018021401001665.html コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開している日本企業の2018年のブランド価値ランキングを発表した。トヨタ自動車が09年のランク付け開始以来、10年連続で1位となった。ホンダが前年と同じ2位、日産自動車が3位、SUBA…