クルマ・バイク

軽自動車販売、N-BOX が2万台超えで6か月連続トップ 2月車名別

投稿日:

ホンダ『N-BOX』が前年同月比13.3%増の2万2007台を販売し、6か月連続のトップとなった。 2位は前月同様、日産『デイズ』で、同11.2%減の1万4294台。3位には2ランクアップで、同24.7%増の1万3620台のスズキ『スペーシア』が入った。 2月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比) …

-クルマ・バイク

関連記事

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲 … 保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベスト …  CS RANKING “高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2108154/自動車の「車両保険」賢い入り方 自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲で設定できるが、その分保険料が高くなるため、加入すべきか悩む人も多いだろう。今回は、一般的な車両…

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ランキング

N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ランキング

5月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万8817台となり、9カ月連続で首位を維持した。  時事ドットコム N-BOX、9カ月連続首位=5月の新車販売ラン…https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060600614&g=eco 5月の国内新車販売台数(軽自動車含む)の車名別順位は、ホンダの軽ワゴン「N-BOX」(エヌボックス)が1万8817台となり、9カ月連続で首位を維持した。軽ワゴンの新型車効果でトップ10のうち軽が6車種を占めた。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。 軽は維持費の安さ…

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 【普通車・小型車編】2018年版

ライバルとなるアクアが燃費向上したマイナーチェンジ後の2018年1月、2月もノートが小型自動車の新車登録台数ランキングNo.1を獲得していることから、クルマ購入時に、燃費以外の魅力も重要視されるようになってきたことが窺える(もちろん、ヴィッツにハイブリッドが登場したため、アクアの層の一部がそちらに流れた面も …  Autoblog Japan 国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10 …https://jp.autoblog.com/2018/04/01/2018-high-mileage/国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

自動車用ゴムでは、豊田合成が同194円高の2774円と続伸した。同社が27日に発表した18年3月期は、自動車部品事業が国内外で販売を増やしたことや、為替変動の影響もあり、売上高は6・8%増、経常利益は10・7%増の増収増益となった。また、同社は今期の年間配当を前期比4円増の60円に増配する方針。これらが …  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価…http://www.gomutimes.co.jp/?p=128593 4月23~27日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で19社が上昇、12社が下落した。4月27日のゴム平均は、前週末比2円55銭高の1785円3銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位が豊田合成で同7・52%高、2位が三洋貿易の同3・41%高、3位が三ツ星ベルトの同3・39…