クルマ・バイク

軽自動車販売、N-BOX が4年ぶりの20万台超えで3年連続トップ 2017年度車名別

投稿日:

3月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。 1位:N-BOX(ホンダ)2万6851台(2.8%増・7か月連続増) 2位:スペーシア(スズキ)1万8711台(24.4%増・17か月連続増) 3位:ムーヴ(ダイハツ)1万7465台(15.8%増・2か月連続増) 4位:デイズ(日産)1万6233台(14.2%減・2か月連続 …

-クルマ・バイク

関連記事

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 …  東洋経済オンライン 「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車https://toyokeizai.net/articles/-/212737トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD

金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した。17日付証券日報が伝えた。 2位は長城汽車で2,364万4,100元、3位は北汽福田汽車(福田汽車) …  NNA.ASIA 上場自動車企業の役員報酬、トップはBYD 中国・…https://www.nna.jp/news/show/1751866金融情報サービスの同花順がまとめた2017年12月期本決算の上場自動車メーカー16社の役員報酬総額ランキングによると、トップは比亜迪(BYD)で6,612万元(約11億2,700万円)だった。前年に続き首位の座を維持した…

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止まり プロト総研

同レポートによると、次回欲しい自動車のランキングは、前年3位のトヨタ『アクア』がトップとなった。2位は前年と同じくダイハツ『タント』、3位には2ランクアップで … 次回購入検討しているクルマのエンジンタイプは、トップが「ガソリン車」で61.8%、次いで「ハイブリッド車」17.5%となり、過去3年間において大きな変動はない。  レスポンス(Response.jp) 次回購入したい中古車、ハイブリッドは17.5%止ま…https://response.jp/article/2018/04/03/308065.htmlプロト総研/カーライフは、2017年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2018」としてまとめた。

就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学生は外資系志向

就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学生は外資系志向

国内学生が選んだ就職希望企業の総合ランキングは、1位「日本航空(JAL)」2,185ポイント、2位「伊藤忠商事」2,153ポイント、3位「全日本空輸(ANA)」2,123ポイント、4位「三菱東京UFJ銀行」2,073ポイント、5位「トヨタ自動車」1,870ポイント。日本航空(JAL)は前回調査(2018年卒)の4位から3ランクアップして首位に立った。  リセマム 就活生が選ぶ人気企業ランキング、銀行下落・留学…https://resemom.jp/article/2018/04/17/44111.html ディスコは2018年4月16日、2019年卒業予定の学生を対象に調査した「国内学生・海外留学生の就職希望企業ランキング」を発表した。国内学生は航空や総合商社、留学生は外資系企業に人気が集まった。

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、ソフトバンクGとTDKで約20円押し上げ. 日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャート … TDKは2.1%高で前場を折り返した。電気自動車(EV)向けの無線給電システムを自動車メーカーと共同開発すると報じられている。21年の実用化を目指すようだ。日経平均 …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180223034123日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり168銘柄、値下がり51銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は反発。前日比77.87円高の21814.31円(出来高概算5億7000万株)で前場の取引を終えた。22日の米国市場でNYダウは反発し・・・。